秀丸メールは、複数のメールソフトの管理を行いつつ、各メールアドレスのアカウント毎に、複数のフォルダを作成することができます。

個人用の連絡が主で、送受信したメールのフォルダ別管理が必要ない場合や、単一のメールソフトだけという場合、(例えばXサーバのメールソフトだけ)は、このようなメールを管理する、秀丸メールのようなソフトは必要ないです。

ただし、メールを業務と個人の別に分けて使用したりする場合は、秀丸メールのようなソフトは必携になります。

他のメールの場合も、同様に設定することができます!

今回は、XサーバのメールとGメールを、秀丸メールに設定するプロセスを記述します。

秀丸メールにXサーバのメールを設定しました!

1)Xサーバで取得したメールを秀丸メールに設定するには、XサーバのWEBメールのグイン画面に入力する、オレンジ色の矢印部分のパスワードが必要です。

あらかじめ、用意しておいてください。

更に、xサーバーパネル内のサーバー情報にホスト名が記載されていますので、そのホスト名も必要になります。

例えば、svXXX.xserver.jpなどと記載されています。

2)では、秀丸メールにxサーバーのメールを設定していきます。

まず、秀丸メールのファイルをクリックして、更にアカウントの新規作成をクリックします。

そして、メールアカウントをクリックして、次にをクリックします。

次の画面では、電子メールを送信するときに、メールの差出人として表示する名前を入力してください。というメッセージ画面になります。

このときに入力する名前は、自分の好きな名前でOKです!

その名前を入力後、次へをクリック。

電子メールアドレスを入力する画面になりますが、ここで入力するアドレスとは、xサーバーで取得した電子メールアドレスであり、かつ、これから秀丸メールに設定するxサーバーの電子メールアドレスです。

次の画面では、手動設定を選択。

受信メールサーバーの種類はPOP3です。

なお、受信メールサーバーと送信メールサーバーについては、xサーバーパネル内のサーバー情報にホスト名が記載されていますので、そのホスト名を使用します。

また、xサーバーのサーバーパネル内のメールアカウント設定内のメールソフトに記載されている受信メールサーバー、送信メールサーバーも上記のホスト名と全く同一です。

次に、アカウント名はxサーバーから付与された電子メールアドレスを入力し、上記の、XサーバのWEBメールのグイン画面に入力する、オレンジ色の矢印部分のパスワードを入力します!

これで、xサーバーに認識してもらい、更にxサーバーの電子メールが秀丸メールに転送されることになります。

*パスワードを保存するは、チェックを入れておくと便利です。

次の画面では、「SMTP-AUTH」=別名SMTP認証にチェックをいれます。

更に、アカウント毎の設定をクリック。

次の画面では、メールサーバーをクリック。さらにメールサーバーの下のフォルダに詳細というフォルダがあるので、POP over
SSLをクリック。

続けてSMTP OVER SSL にチェックを入れると POP3が995に、SMTPが465になります。

最後にOKをクリックしてxサーバーのメール設定は、完了です!

スマートフォンなどからテスト通信を行い、設定が完璧に行われたかを確認します!

もし、何らかのエラーメッセージが出て、送受信が上手く行われない場合は、今回設定したメールアドレスの部分で右クリックをします。

そうすると、XXXX@XXX のアカウントの削除というメッセージが出てきますので、このメッセージどおりXXXX@XXXを削除して、初めからやり直してください。

秀丸メールにGメールを設定しました!

Gメールの設定の場合は、Gメール本体の若干の修正と、秀丸メールの設定が必要です。
1.Gメール側の設定を行います。

ブラウザからGmailサイトにログインします。

右上の 設定 をクリックします。

メール転送とPOP設定のタブをクリックします。

すべてのメールでPOPを有効にする を選択します。

変更を保存 をクリックします。

2.次に秀丸メールの設定を行います。

設定 → アカウント毎の設定 を選択します。

設定画面左下の 上級者向け設定 にチェックを入れます。

メールサーバー を選択します。

受信メールサーバー(POP3) に pop.gmail.com を入力します。

送信メールサーバー(SMTP) に smpt.gmail.com を入力します。

メール・アカウント に を入力します。

*手動設定の方がベターです!

パスワードに を入力します。

認証方式 で SMTP認証 にチェックを入れます。

OK をクリックします。

メールサーバー → 詳細 を選択します。

サーバーのポート番号/暗号化の指定 の POP over SSL と SMTP over SSL にチェックを入れます。

POP3のポート番号を 995 にします。

SMTPのポート番号を 465 にします。

証明書を検証しない にチェックを入れます。

OK をクリックします。

完了すると、下記のような画像になります。

次以降の画面では、2重検証を行っている場合などは、グーグルがスマートフォンなどに「いいえ」「はい」などを聞いてくる画面になりますので、「はい」などをクリックして行くと設定は完了です!

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】