伊豆・静岡について、まとめました!

大井川鉄道で湖上駅に行き、帰路はSL(蒸気機関車)に乗車して、昭和の気分を味わってきました!②

9

巨大な鉄の塊SL『蒸気機関車』に乗車して、大井川鉄道の息吹を堪能しました!

・日本全国でも蒸気機関車の動態保存は、少なくなってきました。

・初夏から夏にかけて、蒸気機関車に乗車することは、ロビンにとっては困難ですが、冬期ならば全然問題がありません!

・蒸気機関車に牽引されている客車は、窓側の足元に蒸気(スチーム)を利用したヒーターがあるのですが、冷房機器はありません。

・要するに、軟弱なロビンは気温上昇期には、蒸気機関車に乗車できないのです。

・外気を取り入れたために窓をあけると、『煙』が窓から入ってきます!窓の開放による外気の取り込みは不可能です!

*特にトンネル内で窓を開放すると、大変な状況になります。

川根温泉ふれあいコテージに2連泊してきました!外ではバーベキュー・室内では囲炉裏を堪能しました!①

1

2018年1月21日~23日まで、静岡県でも指折りの名湯『川根温泉』のコテージに行きました!

・今回は、長男が業務上参加できなかったので、長女夫婦・ロビンの母親・ロビンの弟・ロビンの奥様・ロビンの合計6人です。

・車両は積載物が多かったので、ノアとウィッシュの2台でフィールドに向かいました。

・バーナーはコールマン424・オムニフューエル・ガスバーナーを持参したのですが、コテージの内外では、炭を活用する機会が多く、結果として、湖上駅方面に赴いた際にイワタニジュニアバーナーを使用しただけでした。

・1月上旬に川根温泉のコテージの予約を入れました。オフシーズンだったので、簡単に予約がとれました。

・様々なタイプのコテージがありますが、室内で炭を燃焼させて『囲炉裏』を楽しめるコテージはあまり存在しなかったので、とても楽しみでした。

・ロビンのホワイトベースにも、囲炉裏に代わる昭和30年代の火鉢がありますが、十分活用しきれていない状況です。

西伊豆・やまびこ荘で新年バーベキュー!プリムスオムニフューエル・コールマン424でアウトドアクッキング!

2-1

西伊豆は温暖でした!新年バーベキューは、お肉と海鮮(海老・ハマグリ等)で盛大におこないました!

・午前4時頃に、横浜を出て、西湘バイパス・国道135線等を使用し、小田原・熱海・下田等を経由して、西伊豆の『やまびこ荘』に行きました。

・今年は1月1日・2日はお休みのスーパーマーケットがあったので、12月31日に横浜で大量の食糧を購入して、アルコール類や牛乳類等のみ、西伊豆のマーケットで購入しました。

・今回は、ノア1台で5人乗車して荷物を満載したので、バーナーはコールマン424とプリムスオムニフューエルと、ミニガスストーブ(2台)、カセットガスヒーターを持参しました。

・木炭は約8キロです。(2回バーベキューを行いました。)

・木炭約8キロは全て消費してきました。

*この他にも、『やまびこ荘』で薪を購入して、野趣あふれるバーベキューにしました。

・夕暮れの『薪を使用しての焚火(たきび)』は、アウトドアの醍醐味をダイレクトに感じますが、ロビンは料理や暖を取る場合は『炭』を多用しています。

今日は南伊豆-静寂な入り江・竜宮窟を探索しました!観光スポットから外れているのでお薦めします!南伊豆アウトドア➂

h7

竜宮窟は観光スポットから外れているポイントです!静かなアウトドアを堪能するには絶好のポイント!

・伊豆半島自体が海底火山が噴火したり、地面の隆起、海岸線の浸食によって形成された結果、とても美しい景観を構成しています。

・その中でも、ダントツでお薦めしたいのが『静寂な入り江・竜宮窟』です。

・この観光ポイントはメインな観光ルートから外れていること、そこに至る交通機関が、あまり充実していないことから、あまり観光客が行かないところです。

・メジャーなビューポイントではないのですが、ロケーションは最高です!また、人込みを避けたいという方には絶好のオーシャンビューポイントです!

弓ヶ浜のコテージで最高のオーシャンビュー!そして豪快にバーベキューを楽しめました!南伊豆アウトドア➁

y1

弓ヶ浜でオーシャンビューが楽しめるコテージに2泊し、アウトドア料理を堪能しました!

・ロビン一家は7人でしたが、オフシーズンだったこともあり、コテージは8人用と5人用の2つのコテージを使用することができました。

・今回使用したコテージは『ビィラ弓ヶ浜』です。このコテージは弓ヶ浜まで徒歩1分という立地ながら緑豊かな森の中の貸別荘です。

・各お部屋には専用のバーベキューコーナーが設置されています。

・また各コテージには、ユニットバス・エアコン・暖房器具・キッチンには調理器具、食器類が用意されていますので、食材を持ち込んで大人数での料理を楽しむことができます!

熱海のヨットハーバーで夜明けの太陽を見て-尾ヶ崎ウィングで潮風を体感!南伊豆アウトドア➀

a22

アウトドアの醍醐味は大自然と触れ合うことに尽きます!冬季のアウトドアは陽光が綺麗で最高に楽しいです!

・1月17日から19日にかけて、南伊豆に行きました!

・17日の朝5時に横浜を出発し西湘バイパス等を使用し、熱海のヨットハーバーに向かいました。

・今朝の夜明けの時刻は午前6時50分くらいです。6時半くらいには周囲はかなり明るくなってきました!

・熱海の市街地を少々過ぎたところにヨットハーバーがあります、ここは駐車場・公園・トイレ等が整備されていますので、ユックリくつろいで夜明けの太陽を仰ぎ見ることができます!

夜明け前でしたが周囲には犬を連れて散歩する方や、散歩を楽しむ年配の方がいらっしゃいました。

西伊豆堂ヶ島-元旦-アウトドアの醍醐味!太陽のエネルギーを体内に取り込みました!

9

西伊豆・堂ヶ島で元日の太陽を見ました!今年も健康第一でアウトドアに出かけます!

・12月31日の深夜に横浜を出て、静岡県の三島市を経由し、国道136号線・県道410号線・59号線を走行して、堂ヶ島に到着しました。

・途中の山道では野生の鹿に3回遭遇しました。1回目は2匹、2回目は1匹、3回目は3匹の鹿でした!

・ロビンは北海道で野生の鹿と遭遇したことはあったのですが、本州で鹿と会ったのは初めてでしたので、感激しました!

・また深夜の県道410号線で車を停車させ、夜空を見上げると北斗七星とオリオン座がクッキリ見えました。

・横浜の夜空とは全く異なります。アウトドアの醍醐味を味わうことができました!

西伊豆-やまびこ荘で迎えた新年アウトドア事始め!焚き火とバーナー料理で開始です!

5

今回の熱源は焚き火・コールマン424・No12ストーブ・コールマン508ツーレバーです!盛大に燃焼開始です!

・アウトドア料理事始めは西伊豆・やまびこ荘で開始です!

・最初に焚き火の火起こしから始めます。この焚き火は主に焼き肉と野菜を焼くために使用します。

・次にコールマン508ツーバーナーに点火し、お吸い物を作るために中火で煮込んでいきます!

・そして定番No12ストーブとコールマン424に点火し、全部のバーナー部分にシッカリ働いてもらいます。

浄蓮の滝・旧天城トンネルを歩いて越え、自然と対話し静寂の中に身を委ねるアウトドア!

4

雄大かつ迫力満点な浄蓮の滝・静寂な空間の自然のキーワードがピッタリな旧天城トンネル

・整備された無料駐車場から、階段状になった遊歩道を降りてしばらくすると、ドドドッと滝壷に流れ込む水流の音が徐々に大きくなってきます。

・また歩を進めるたびに、ひんやりした冷気が身体を包み込んでいきます。

・階段状になった遊歩道は、急な部分等があるので、かかとの高い靴はなるべく避け、歩きやすい靴を選択することがベストです!

・マイナスイオンとともに、木々の間から漏れる木漏れ日が、ロビン一行を非日常生活へと誘っていきます!

・旧天城トンネルはメインルートから若干外れた所にありますが、終点には整備されたトイレ・駐車場もあります!

・旧天城トンネル内は車両はすれ違い不可能です!必ずヘッドライトを点灯し、徐行して注意深く進行してください!

晩秋の堂ヶ島-浸食された洞窟の遊覧船観光レビュー!圧巻と感動の連続でした!

1-22

ピンポイントで攻める西伊豆周辺の観光

・今回ロビン一行が観光したかったのは有名なトンボロ現象が起きる三四郎島・海水に浸食された堂ヶ島の海岸線の洞窟巡りです!

・トンボロ現象が起きる三四郎島については時期的に合致しなかったので、今回は海岸線の洞窟巡りを行いました。

*毎年、3月〜9月の干潮の日(潮見表が西伊豆町観光商工課のWebサイトにあります。PDF形式)に起こります。

静岡県・西伊豆町 商工課URL
https://www.town.nishiizu.shizuoka.jp/kakuka/kankou/kankou/tombolo.html
*天候・潮見表を確認の上、是非、体験してみてください!

・逆に10月〜2月は瀬が現れるほど潮が引きません。

・海はべたなぎで観光客も少なく、ゆっくりと洞窟巡りを堪能できました。

西伊豆-やまびこ荘(廃校利用)でアウトドアを堪能できました!施設・ロケーション等「最高」です!

5-1

晩秋の11月中旬に西伊豆・やまびこ荘に行きました!廃校を利用した宿泊施設で、ロケーションは最高でした!

・お風呂は6人~7人くらいが入浴可能な広さで、しかも常時源泉から流れ出る温泉でした。

・管理人さんは交代制勤務で完全常駐で安心できました。

・トイレ・洗面化粧台等、全て完璧な水準でした。

・校庭には車を駐車し、BBQ施設にも宿泊施設にも短距離で荷物を搬入することができ、全ての事項がクイックデリバリーできました。

・今回も食料は現地の美味いもののお店『伊豆・村の駅』にて調達しました!すべてが新鮮!美味しかったです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ