魚介類・その加工品についてまとめたカテゴリーです!

カニご飯を作り・食べました!おいしいカニを堪能しました!

かに1

新潟県の能生からカニが届きました!この能生の沖で獲れるカニは「ベニズワイガニ」です!

いつもは、車で能生まで行き晴れている日は屋外の芝生の上で、そうでない日は屋内でカニを食べるようにしています。

今回は、所用があったため「道の駅マリンドリーム能生」ベニズワイガニ直売所から直接カニを宅配便にて送ってもらいました。

新潟の能生産「ベニズワイガニ」の漁場は漁港から近いところにあり、、出港してから10時間くらいで帰港して、獲れたカニはすぐに釜茹でされます。

「ベニズワイガニ」は、深海のカニで、海面下800メートルから、1,000メートルくらいのところに生息しています。

今!北海道の魚介類がとびきり新鮮・脂が乗っていて美味しいです!バーナーで炙ってもOKです!

ボタンエビ

北海道の魚介類がとびきり新鮮・脂が乗っていて美味しいです!刺身でOK!バーナーで炙ってもOKです!

素材の持つ醍醐味を十二分に味わえる季節が到来しました!!

ボタンエビはお刺身で食べた後の頭部はラップで冷凍して、スープのダシに使用できました!!

小田原のかまぼこ・『金目鯛のあげたい』と『プチカマパーティー』を買いました!美味でした!

あげたい4

小田原の鈴廣(すずひろ)かまぼこに行き、かまぼこを買いました!かまぼこを肴にして清酒(日本酒)を飲みました!!

大隊長が小田原で、かまぼこのお土産を買いました。

小田原かまぼこの老舗には、籠清(かごせい)と鈴廣(すずひろ)等があります。

どちらも伝統ある製法でかまぼこを作っているメーカーです!

今日は、小田原駅前にある鈴廣(すずひろ)かまぼこに行き、お土産を買いました。

小田原蒲鉾が美味しい理由は、

サブコンテンツ

このページの先頭へ