アウトドアを身近に楽しむ方法の1つとして、コテージの利用があります。
コテージの利用は、誰でも簡単にできます。

ロビン一家は、コテージを利用して家族旅行を行いました。利用した全コテージでは、バーベキューを楽しみました!

行ったコテージには、アウトドアクッキングのために、ガソリンストーブやケロシンストーブなどを持参していますが、このガソリンストーブやケロシンストーブは、あくまでも、アウトドアの雰囲気を作りたいがために持参したモノです!

*いわば全く趣味の世界です!

したがって、ガソリンストーブやケロシンストーブがなくても、コテージのバーベキューなどアウトドア生活は、全く問題なくエンジョイできます!

アウトドアで、バーベキューを楽しむことは、最高の贅沢だと思います!

コテージは、バーベキューを楽しむこと以外に、次のメリットを持っています!

1.コテージは、近隣のコテージとの距離が遠いため、プライバシーが保たれます。
2.コテージに必要な備品がほとんど揃っているので、持参するアウトドア用品が少ないです。
これに伴って、車内は人がリラックスでき、食料品などを大量に積載できます。
3.コテージは天候に左右されず、家族旅行を日程どおり行えます。
4.エアコンなどが設置されているので、暖房や冷房は心配ないです!
*更にエアコンの他に灯油ストーブを用意してくれているコテージもあります。
5.ドアや窓を閉め切れば虫などをシャットアウトできます。
6.コテージの特徴は、ほとんど全てのアウトドア機器が揃った施設をリーズナブルにレンタルできることです。

ロビン一家の、家族旅行は少ないときは4人。多いときは7人です。

基本的には、家族旅行の人員が少ないときでも、多いときでも、コテージ周辺のスーパーマーケットなどで食材を購入し、バーベキューを楽しみ、周辺の観光地などを散策するパターンです。

各コテージに宿泊する際は、事前に近隣のスーパーマーケットなどで食料品を購入しました!その際の店舗または地図などについては、概ね記事内容に記述しております。

土地勘などがある場合は別として、基本的には高速のインターチェンジを下りたエリア、または、大きな市街地があったら、そこのスーパーマーケットなどで早目!早目に!食料品を購入してください。

例外もありますが、一般的には、コテージの近隣に近づくと食料品は調達できないエリアになります!

もし、コテージ近隣にスーパーマーケットなどがない場合は、スーパーマーケットなどがある地点まで引き返すことになります。

これは時間や家族総員の充足感をロスすることになります。

なお、各コテージの担当スタッフには、全て最高の応対をしていただいたことを申し添えます!

このブログを見ていただいた方の、アウトドアの入り口の道案内になれば、望外の幸せです!

*また、各コテージによって備品にバラツキがあります。コテージに行く際は、必ず、コテージ備え付けの備品、そして、各個人が用意すべき備品を、チェック、確認してください!

山梨県のコテージ!和風コテージ 一位の宿 – 山梨県都留市の自然に囲まれた空間!


このコテージは、中央高速都留ICから約20分の距離にあります。

各コテージ間の距離が広めにとってあり、電気のアンペア数も30アンペアで、電気製品も余裕をもって使用できます!

ガソリンストーブなどを持参してもOKですし、炭などでバーベキューを楽しむこともOKです!

近隣に、芭蕉 月待ちの湯があります。大人510円、小学生310円(小学生未満は無料)でご利用できます!

近隣の観光地の訪問記録を下記に記載します。

山梨県のコテージ!みのぶ自然の里 – 山梨県南巨摩郡身延町の鹿が来るアウトドア!


このコテージは、中部横断自動車道中富インターチェンジより20分のところにあります。

のどかな牧歌的なエリアにあり、2階建ての居住エリアを1区画とし、その1区画をレンタルすることになります。
大人数の際は、2区画をレンタルすることになりますので、ユーティリティースペースを挟んで、レンタルします。

このコテージも調理器具など全て揃っています。バーベキューを行うには最高のロケーションです。

ただし、他のコテージ同様、食材はコテージに行く前に準備していくことに留意してください

ロビン一家は、バーベキュー料理の1つのステーキの味付けに使用するバターを持参することを忘れてしまい、調理人の方から少量バターを頂きました。

スタッフはもちろん、施設も、管理の行き届いたコテージです!

近隣の観光地の訪問記録を下記に記載します。

静岡県のコテージ!乙女森林公園第2キャンプ場コテージ – 都心から近く富士山を眼下に望むコテージ


このコテージの特徴は、都心から近いことです。

近隣には、御殿場プレミアム・アウトレット(静岡)があり、乙女森林公園第2キャンプ場コテージをベースとしつつ、アウトレット・モールで買い物をすることもできます。

アウトレット・モールには大きなアウトドアショップなども入っているので、楽しむことができます。

このコテージには、各コテージ専用の庭があるので、そこでバーベキューを楽しむことができます。

また、近隣には『富士八景の湯』という温泉があります。大きなお風呂に入ることで楽しみは増加すると思います。

静岡県のコテージ!川根温泉ふれあいコテージ – 名湯そしてSLが通過するコテージ


川根温泉ふれあいコテージには2連泊しました。バーベキュー中にSLが通過し、その醍醐味は圧巻でした。
翌日はSLに乗車したり、絶景なダム湖の駅を訪れたり、近隣のフィールドを散策することができました。


このコテージは、コテージ内に囲炉裏があり、その囲炉裏で簡単な焼き物をすることができます。

このコテージも他のコテージと同様、食材はコテージに行く前に購入するようにしてください。

近隣の観光地の訪問記録を下記に記載します。

静岡県のコテージ!ヴィラ弓ヶ浜- 絶景なオーシャンビュー!専用バルコニーで家族総員でバーベキュー!


南伊豆の最高のロケーション!オーシャンビューを堪能しながら、バルコニーでバーベキューを楽しむことができます!

また弓ヶ浜にも歩いて行けます。

近隣には漁協もあり、ロビン一家は大量のアワビやサザエを購入して、海鮮バーベキューを行いました。

繁忙期でない季節だったので、2棟に分けて宿泊することができました!

陽光に輝く太平洋を見ながらのバーベキューは格別です。

近隣の観光地の訪問記録を下記に記載します。

静岡県のコテージ!廃校利用の宿泊施設『西伊豆やまびこ荘』で盛大にバーベキュー!

5-1
この宿泊施設は、カテゴリー的にはコテージに分類されないタイプですが、格安で、広い占有エリア、温泉プール、温泉、そして全天候型バーベキューエリアなど、魅力的な施設ですので、記事にします。

この施設にロビン一家はトータル3回宿泊しています。

この施設も施設に行く前に、食材は必ず購入して行ってください。

近隣には、たくさんの観光地があります。

新潟県のコテージ!清田山キャンプ場 – 日本一の河岸段丘が眼下に広がる!

清田山キャンプ場(重地(じゅうじ)大池自然観察広場)は、塩沢石打ICより(国道353号線)自動車で45分です。
清田山(せいだやま)キャンプ場は、十日町市にあります。

重地(じゅうじ)大池自然観察広場にもコテージがあり、そのコテージに宿泊しました。

ロビン一家が宿泊したコテージは、1棟だけしか建っていませんので、近隣から聞こえてくるのは虫やカエルのなき声だけでした。

詳細は記事を見ていただければ、概要を把握できると思いますが、コテージ階下のスペース(全天候型バーベキュースペース)での、家族総員での大バーベキュー大会は、最高のイベントでした!

近隣の観光地の訪問記録を下記に記載します。

新潟県のコテージ!『南葉高原キャンプ場』のコテージは、日本海が一望できる最高のロケーションです。

9999

N33

ここのコテージには、日程の都合により宿泊できなかったのですが、調べた事項がありましたので記事にします。

南葉高原キャンプ場は、久比岐県立自然公園の名峰としてそびえる、標高949メートルの南葉山中腹に位置し、南葉山頂を背に、市街地や日本海が一望でき、新緑から紅葉まで季節の移り変わりの美しさが実感できます。

テントサイトや宿泊もできる山小屋風バンガローのほか、食堂・売店がある南葉ロッジがあります。特に第3キャンプサイトからの眺めは最高です。

ここのコテージをレンタルすると、山をほぼひと山借り切る形式になります。

とても広いエリアを占有できます!

茨城県のコテージ!城里町キャンプ場のコテージは大型で、家族でバーベキューを楽しむには最適です。


この茨城県-城里町キャンプ場のコテージも最高のロケーションでした!
各コテージは大型で、コテージ間の距離は広くとってあり、家族旅行でワイワイかつテラスでバーベキューをするのには、最高でした。

このコテージは各戸に設置されているテラスは全天候型でバーベキューを行えます。

そしてテラスからコテージのお部屋に出入りできるので、食材の搬入などが効率的に行えました。

近隣は牧歌的なロケーションでダムがあったり、温泉プール『ホロルの湯』があります。

久々に、バックストローク(背泳)で、25メートルを20本=500メートル行いました!

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】