かセットガスボンベは、どこでも購入でき、便利で、かつ、価格も安いことからアウトドアクッキングでは、多くの場面で使用されます。

しかし、かセットガスボンベの宿命ともいうべき、ドロップダウン現象が発生します。

今回は、ドロップダウン現象の発生の理由と、ドロップダウン現象を回避する方法を記事にしました。

アウトドア料理の際に、かセットガスボンベのドロップダウンを発生させないために、お役に立てれば幸いです。

カセットガスボンベのドロップダウン現象とは、ガスボンベのガスが気化しにくくなることをいいます!

・カセットガスボンベの中身は、液化ブタンという、ピチャピチャと音がする、液体です。この液体をガス化することで初めて燃焼に適した燃料になります。

・通常にカセットガスボンベを使用する際は、何ら問題なくカセットガスボンベの液体は、ガス化し燃料になります!

・ここでいう通常使用とは、普通に、カセットコンロを使用するときの、部屋の温度は、エアコンの温度設定から考えて、概ね22度以上26度以下くらいです。

・カセットコンロは上記の部屋の温度では、問題なく作動し、かつ、アウトドアに持参した際でも、外気温10度程度までは、問題なく作動します。

・ただし、低い外気温で長時間連続燃焼させるたりすると、機種によってはカセットコンロやアウトドアツーバーナーの連続燃焼が思うようにならない現象が発生します。

・このように、カセットガスボンベに充填された液化ブタンガスが、常温で気化しにくくなる状態や現象のことを、ドロップダウン現象といいます。

・こうなると、カセットガスボンベを使用した料理の継続は、お手上げ状態です!

カセットガスボンベのドロップダウン現象が起きる原因!

・気化ガスを液化すると、約250分の1に圧縮できるので輸送や保管のコスト削減の観点などから液化しています。

・したがって、気化ガスにした場合に膨大な容積になるガスも、液状にしておけば、コンパクトなカセットボンベに収納することができます。

・要するに、普段(通常)は液体(液状)のままでコンパクトにボンベ(缶)に収納し、アウトドアクッキング等を行う瞬間に、ガス化(気化)させ、燃焼に適する形態にしています。

・このガス化を促進する際に、燃焼をすればするほど、カセットガスボンベは、冷たくなっていきます。

・このような『魔法』のような便利な性質を持っている液化ブタンガスですが、低温で液化する現象が、時としてアウトドアクッキング等の妨げになる現象があります!

・液化ブタンガスは、低温では液化したままで、気化しないので、いくらカセットコンロやアウトドアクッキングのガスツーバーナーの燃焼調節ハンドルを回しても、思ったようにブルーフレームにならないのです!

・ドロップダウン現象は、慣れてくると、次善策を構築することができますが、なかなか厄介な現象です!

カセットガスボンベのドロップダウンが発生しやすい家庭用(汎用)のカセットガスボンベ!

・カセットガスボンベは近隣のホームセンター等では、3本税込価格で280円程度で販売されています。

・これらの価格帯のカセットガスボンベは、部屋の常温で、使用することが前提条件となっています。

・この価格帯のカセットガスボンベは、各メーカーから販売されています。

・一般にロビン一家で、4人で、おでんや、焼き肉、あるいはシチューなどを作って、テーブルの真ん中にセットしてカセットガスコンロを使用した場合、(料理や人数によっても異なりますが)、1本のカセットガスボンベで約2回から3回程度、料理ができます。

・このように、家庭の夕食時にカセットガスボンベを使用して、家族団らんのご飯を食べる場合には、1本90円内外のカセットガスボンベで必要十分ですが、フィールドに行った際は、このカセットガスボンベでは問題が生じるケースがあります!

カセットガスボンベのドロップダウン現象を回避するための1つ目の方法!ロケーション(TPO)に応じて、カセットガスボンベを選択!

・ドロップダウン現象を避けるための1つ目の方法は、低温状態でも気化を促進するガスが配合されている、下記のようなカセットボンベを使用する方法です。

・ドロップダウン現象を避けるためのガスが配合された、カセットガスボンベは価格(値段)が高くなります!

*今は、ボンベ(缶)の色が変わっています!

・低温対応用のカセットガスボンベでも、ドロップダウン現象は発生する場合があります。その時に備えて、低温対応用のカセットガスボンベを2本持参携行する方法があります。

・低温対応用のカセットガスボンベにドロップダウン現象が発生した際に、新しい低温対応用のカセットガスボンベと入れ替え(交換)して、再度、そのカセットガスボンベにドロップダウン現象が発生したら、休息させて常温に戻った低温対応用のカセットガスボンベに交換する方法です!

・この方法でも、かなり、ドロップダウン現象は防ぐことができます!

・ブースターが装着されていない、または、ブースター装着が不可能なバーナーに有効です!

・要するに、冷えたガスボンベを常温まで戻してあげれば、ドロップダウン現象は解消されます!

・カセットガスボンベを使用した後に、ボンベに触れてみてください。冷たく、かつ、スチール缶の表面にビッシリと水分が付着している様子がわかります!

・この、カセットガスボンベの冷却と水分の付着がドロップダウン現象の結果です!

カセットガスボンベのドロップダウン現象を防止する2つ目の方法!気化促進のブースターやヒートパネルを使用する!

・このドロップダウン現象を避けるため、ブースター(ヒートパネル)を使用する2つの目の方法があります。

・それは、上記のカセットガスボンベの沸点をあげるために他のガス(沸点を変更させるための、価格(値段)の高いガスのことです!)を混合させるか、または、缶(カセットボンベ)にブースター等を使用して、液化しているガスを気化するように促進しなければなりません!

・カセットガスボンベの気化を促進するために、カセットコンロには、下記画像のような、ブースターが装着されています。

・このブースターはメーカーによって、様々な名称があり、例えば下記画像のようにヒートパネルと呼ばれているモノもあります。

・このアイコンロの場合は、バーナー中央部の熱をヒートパネル(ヒートブースター)を経由させて、かせカセットガスボンベに伝わり、その熱を利用することで、ドロップダウン現象が発生することを回避させています。

・下記画像の黄色部分が、ヒートパネル(ガス化促進用のブースター)です!

・上記の画像から分かるように、ブースター(ヒートパネル)によって、熱が伝わる部分はヒートパネル(ブースター)がガスボンベに接している部分のみで、ヒートパネルが接していない部分は、冷たいままです。

・したがって、ヒートパネル(ブースター)が接している部分から、徐々に液化ブタンがガス化していきます!

カセットガスボンベのドロップダウン現象を防ぐ、アウトドア用バーナーのブースター)の使用例!

・例えば、下記の画像のように、コンロ(バーナー)のブルーフレームの炎を利用して、カセットボンベを温めるブースターがあります!

・黄色い矢印部分をバーナー部に出しておくと、徐々に、熱は銅(真鍮)を通じて赤い矢印部分に行きます。

・黄色い部分的は、磁石によってピッタリカセットボンベに張り付いていますので、この赤い矢印部分を通じて、カセットボンベに熱が伝わり、ドロップダウン現象が防止されます!

・ガスストーブ(バーナー)の楽しさ!安全な運用!メンテナンス等については下記リンク記事をご連絡ください。!

ガスストーブ(バーナー)のおすすめ!比較テスト!楽しさ!安全な運用方法を記載しています!

・ブースターの素材(例えば真鍮や鉄など)は、熱を伝導させやすいモノが多く使用されています。

・カセットボンベを温めるブースターは、下記画像のように、熱伝導を使用しています!

・ブースターには、様々なタイプがあります!

*上記2つの方法以外にも、1時的にドロップダウン現象を回避する方法はあります。例えば手の平でカセットガスボンベを包んで温める、また、布で覆う等沢山ありますが、一般的には上記の2つです!

カセットボンベのドロップダウン現象は、低温対応用のカセットガスボンベと、ブースターを組み合わせて使用すると、更に抑止効果が増加します!

・カセットガスボンベの表面に、冷たい外気温が触れると、ドロップダウン現象が更に進む場合があります。

・この場合の外気温とは、低い外気温+風という意味です。(外気温より風の方が、ドロップダウン現象を助長しているような感じがします!)

・その場合は、低温対応用のカセットガスボンベにブースターを組み合わせると、ドロップダウン現象を防止できるケースがあります!

・なお、ブースターはバーナー部の熱を、カセットガスボンベに伝えるまで、しばらくの間、タイムラグが生じます。