ガソリンストーブ(ガソリンバーナー)・ケロシンストーブ等の空気加圧用!自転車ポンプのご紹介!

・今回の記事は、ロビンが使用しているパナソニックレーサーの2台の通常サイズの空気加圧用ポンプについて、ご紹介いたします!

・市中のホームセンターなどでは、1,000円程度の米式バルブを装着したミニポンプが販売されています。

・このようなミニポンプでもガソリンストーブ・ケロシンストーブに圧縮空気を送り込むには、十分な機能を発揮します。

・また、ポータビリティ性に秀逸な機能(要するに小さければ小さいほど良い)を持っているものも、多々販売されています。

・したがって、良品を安価で購入して、ミニマムサイズのポンプか通常サイズのポンプ等の特性を考慮して、長く使用できるポンプを選択することがポイントです!

・ミニマムサイズの自転車ポンプには、高い空気圧を得ることが容易ではないもの、または、長期の使用に耐えられないものがありますので、信頼のおけるメーカーの製品購入がポイントになります!

ロビンがパナソニックレーサー製のポンプを購入した理由!

・自動車のトランクのスペースが限られている場合などは、ミニマムサイズの自転車ポンプの方が良いと思います。

・ポンプのミニマムサイズを追求した場合は、自転車ポンプのシリンダーもどうしてもミニマムサイズになってしまうという、特性があります!

・上記のようにポータビリティ性を追求するならば、ミニポンプを購入することがベストバイですが、ロビンは他に大きなサイズの空気を送り込むことや、自動車やバイクやアウトドア用機器などへの使用を考慮して、通常サイズの大きさの自転車ポンプを選択しました!

・もう1つ理由があるのですが、それは、国産メーカーの自転車ポンプを購入したかったということです!

・自転車ポンプではブリヂストンやパナソニックレーサーがメジャーな国産メーカーです!

・このパナソニックレーサーは過去酷使してきましたが、頑丈無双でしたので、買い替えもパナソニックレーサーで継続しています!

・なお、当然ですが、昨今の世界中にサプライチェーンが展開されて、『ものづくり』が行われている現在では、ロビンが使用しているパナソニックレーサーもmade in chinaです。

・しかしながら、製造過程の管理監督を国産メーカーが行い、国産メーカーのロゴを冠した製品は、安心感があります。

・下の画像の青色マークで囲った部分に中国産の表示がされています。

圧力計付き自転車ポンプと、圧力計(ゲージ)なしの自転車ポンプ!

・アウトドアで使用するガソリンストーブやケロシンストーブ、ガソリンランタンなどへの、空気を送り込む自転車ポンプは、圧力を指の腹で感知する考え方を採るならば、圧力計(ゲージ)は必要ないと思います。

・他方、前回でも述べたように、アウトドア活動が非日常生活を楽しむという視点に立つならば、圧力計を具備した自転車ポンプを購入することが楽しみを膨らませるということにつながります!


・ロビンが使用している圧力計つきのパナソニックレーサーのポンプは下記の画像のような圧力計を装着しています!

・この圧力計は、下の画像のような特性をもっています。

・パナソニックレーサーのポンプの説明書に記載されている事項の要用のみ記載しますが、英式バルブの場合は最大500KPA、米式・仏式バルブは最大700KPAの空気圧まで加圧が可能とされています。

・そして、パナソニックレーサーのポンプのゲージ測定精度誤差は±35~55kapであるとしています。

・関連記事ガソリンストーブ(バーナー)やガソリンランタン等の燃料タンク内の圧力を測定するメーター類!は、下のリンクをクリックしてください!

ガソリンストーブ(バーナー)やガソリンランタン等の燃料タンク内の圧力を測定するメーター類!

・関連記事コールマンのランタン・ストーブ用エアーバルブ付フィラーキャップを購入しました!は下のリンクをクリックしてください!

コールマンのランタン・ストーブ用エアーバルブ付フィラーキャップを購入しました!

コールマンのランタン・ストーブ用エアーバルブ付フィラーキャップのスペック

・「   」内は、発売元オールドキャンプストーブストアとロビンが、コールマンのランタン・ストーブ用エアーバルブ付フィラーキャップの使用について電子メールの交信を行った内容です!

・「エアーバルブ付キャップを使用した場合の圧力ですが、基本的に加圧は、ポンピングによるもので高い圧力を想定しておりません。

・現実的に内圧は、1.0~3.0kpa(推奨値~2.0kpa)の間で使用する火器に応じてご対応ください。」

・フィラーキャップの取扱説明書より引用した事項。「   」内が引用事項

・使用方法・注意事項

・「内圧が分かる圧力計付エアーポンプでの使用をおすすめします。高加圧は大変危険です。エアーポンプで加圧するとすぐに適正内圧に達します。

・タンクの加圧し過ぎはランタン、ストーブの故障やエアーバルブキャップのエアー漏れを引き起こします。

・エアー漏れがあった場合はバルブ裏のナットを増締めして下さい。または付属の予備パッキンへの交換をして下さい。

・参考適正内圧1.0KPA~2.0KPA」

・ロビンは、上記のデータから、必要十分であるパナソニックレーサーの自転車ポンプを使用しています!