77

コールマンが製造したマルチフューエルストーブ!の最高傑作コールマン550B!を個人輸入!

・コールマン550Bは、その卓越した性能と扱いやすさからNATO(北大西洋条約機構)では、ケロシン専用の軍用ストーブとして使用されています。

・アメリカ軍の海兵隊はこのコールマン550Bをホワイトガソリンで使用しています。簡単な食事や食べ物を温める際に使用されていました。

・北欧の軍隊ではOPTIMUS111BやOPTIMUS111サイレントタイプ等の大型ストーブが使用されていましたが、ドイツ連邦軍やアメリカ軍の海兵隊においては、比較的コンパクトなストーブが採用されていました。

・そして、アメリカ軍の海兵隊では着火・オペレーティング(操作)がクイックリーな点からホワイトガソリンが使用されていました!

・また欧州では伝統的に灯油(ケロシン)を液体燃料系の主要燃料に位置付けていたこともあり、コールマン550Bのジェネレーターを灯油のジェネレーターに交換して、コールマン550Bを灯油(ケロシン)専用ストーブとして使っていました!

・現時点でもアメリカ海兵隊の未使用、中古のコールマン550Bやドイツ連邦軍の中古コールマン550Bがebayのマーケットに流通しています!

コールマン製のマルチフューエルストーブ!基本的にはホワイトガソリンや灯油に対応する機種がほとんどです!


・コールマン社は、コールマン550Bの他に分離型ストーブ(バーナー)として、コールマンAPEX等を製造し、市場に流通させましたが『コールマン』と言えば基本的にはホワイトガソリンに適応するストーブ(バーナー)がほとんどです!

・その理由は過日も、このサイトに記述しましたがコールマンのストーブ(バーナー)のほとんどがアメリカ国内(内需)で消化されてしまうこと。

・またアメリカ国内の大多数のユーザーが、ホワイトガソリンのストーブ(バーナー)を購入したがっていたことです!

・アメリカは自国内に大油田を持ち、富める国であるということが、ストーブやランタンの燃料にホワイトガソリンを使用する大きな要素になっています!

どんな状況下でも、要求された事項についてクリアした『小さな万能型ストーブ(バーナー)』!

・このコールマン550Bの特徴は、ジェネレーターを交換することによって灯油(ケロシン)を使用できることです。

・従来型では細いレバーを上下に操作して、着火・燃焼・消化を行ってきましたが、これを黒い操作性の良いダイヤルに進化させました!

・コンパクトなボディーから作り出す強力な熱エネルギー!

・下の画像により熱エネルギー7,500BTU!ということが分かります!

1-2

・7,500BTU≒1,890.1キロカロリ(Kcal)

・7,500BTU≒2.1975キロワット時(KW・h)

・下の画像によって、連続燃焼時間が1.38時間ということが分かります!

2-2

・10.6us fl oz= 313.4794mL

・10.6オンスは約313cc(ML)です!

・ペットボトル約300ccくらいのホワイトガソリンでOKです!

・重量は21.6オンス≒約612グラムです!

・また燃焼時間は、1.38時間になります!(60分+60×0.38=88.8分です。)

軍用ストーブ(バーナー)として使用されてきた実証は、民生品としても使用できる確かな『証拠』です!

・壊そうとしなければ壊れません!

・コールマン社がバックアップする豊富なパーツ類は、世界中のマーケットに流通しています!

・ロビンは、様々な海外のブログ等を拝見して、種々参考にさせていただいておりますが、過酷な使用環境において、使用され続けたということは、コールマン550Bが『ストーブ(バーナー)の小さな巨人』であることを、無言で証明していると考えています。

・この種のストーブ(バーナー)は、ロビンが楽しむアウトドアクッキングには、明らかにオーバースペックであることは分かっていますが、楽しんで使用しています!

DSC_0005

IMGP0690