インフルエンザの予防接種の季節到来です。インフルエンザ撲滅のため、年々新薬が開発され新薬の効果も上昇が期待されます。

インフルエンザは、多くの場合発症時に高熱を出します。

この高熱は、身体のパワーの虚脱感、身体の節々の痛さを伴ったり、非常に厄介な症状を伴っています。

極力、インフルエンザにかからないようにすべきですが、現時点では、インフルエンザのワクチンの予防接種に頼らざるを得ません。

今回も、横浜市内の病院にてインフルエンザの予防接種を行ってきました!

インフルエンザ予防注射4価ワクチン。今年もインフルエンザ対策としてインフルエンザの予防注射を行ってきました!

今年は今までの3価ワクチン⇒4価ワクチンに変更されました!

インフルエンザにかかってしまったら、学校や会社等に行くことは禁止されます!

熱が出ることや怠くなることは置いといて、そもそも外出禁止となります!

最低でも1週間くらいは外に出られなくなって勉強や仕事に穴が空きます!!

転ばぬ先の杖!

今インフルエンザが流行っているので、早め早めの予防注射に行っておいて下さい。

アウトドア・日々の生活しかり、健康の維持は全ての基本だと思います。

マスクは顔の大きさにあったモノを使用することが大事です!

ロビンと大隊長は今日、横浜市内の病院に行きインフルエンザの予防注射を行ってきました。

今まで1回も欠かしたことがないせいか、重大なインフルエンザに罹患しなくて済んでいます。

さて今年も、予約は必要なくサクサクと受付をしてもらい、体温計で体温を測定し、重大な疾患・アレルギーのない旨等を申告しプシュッと行ってもらいました。

インフルエンザ予防注射4価ワクチン。予防接種・ワクチンの効果

インフルエンザの予防接種・ワクチンの効果については、以下の厚生労働省のホームページの中に次の文章が記載されていました。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

「   」内は厚生労働省のホームページの中から引用しました。

「Q.18: ワクチンの接種を受けたのに、インフルエンザにかかったことがあるのですが、ワクチンは効果があるのですか?」

「インフルエンザにかかる時はインフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。

 ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等のインフルエンザの症状が起こります。この状態を「発症」といいます。ワクチンには、この発症を抑える効果が一定程度認められています。

 発症後、多くの方は1週間程度で回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、入院治療を必要とする方や死亡される方もいます。これをインフルエンザの「重症化」といいます。特に基礎疾患のある方や御高齢の方では重症化する可能性が高いと考えられています。

ワクチンの最も大きな効果は、この重症化を予防する効果です。」

「※平成11年度 厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究(主任研究者:神谷齊(国立療養所三重病院))」の報告では、65歳以上の健常な高齢者については約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったとされています。」

要するに万全ではないのですが、ロビンは行っておいた方がベターだと考え、毎年行っています!

報道等のとおり、インフルエンザウイルスには様々な種類があり、毎年流行するタイプが異なっています。

したがって、その年ごとに流行しそうなタイプを予測して、これまでは特に可能性の高い3種類(A型2種類とB型1種類)についてワクチンが作成されていました。

昨年までは、上記の3種類に対応できるワクチン「3価ワクチン」で予防注射が行われていました。
                            
今日ロビンと大隊長が注射してきたのは、上記のモノにさらにもう1種類加えて4種類としたモノです。
(A型2種類とB型2種類)のウイルス型に対応できる「4価ワクチン」です。

インフルエンザ予防注射4価ワクチン。今年は1人3,500円でした!

ロビンが行ったインフルエンザの予防接種の料金は2人分で7,000円でした。
*横浜市内では1人2,000円~6,500円くらいまで様々な料金が混在しているようです。

横浜市内では以下の取り扱いがあります。

横浜市では横浜市内に住民登録・外国人登録のある

・65歳以上の方

・60歳以上65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能・またはヒト免疫不全ウィルスにより免疫機能に身体障害者手帳1級相当の障害のある方
は1回2,000円(税込)・・・接種は1回のみとなっています。

しかしロビンと大隊長は上記に該当しなかったので、1人3,500円×2人=7,000円を支払ってプシュッと行ってもらいました。

インフルエンザ予防注射4価ワクチン。予防接種後の感想

今までロビンは注射を行った部位は腫れたことはありません。だるくなったり熱も出たことはありません。

大隊長は一昨年の注射だけ何故かプクーッと周囲が4cmくらいの腫れが出ましたが今年は全く異常ありません。

毎年恒例の行事ですが、従前の3価ワクチン⇒4価ワクチンになったせいか、冷酒のように後から効いてくるのかもしれません。