フランクリン手帳

7つの習慣は継続し・反復・見直しを行うことが重要なポイント!そして習慣は『自ら』が作り出すモノ

・久々に我が家に戻ってきた長男と『フランクリン手帳』の書き込み・読み込み・自分への意識付け等について話し合いました。

・フランクリン手帳の肝は7つの習慣です。この習慣は自らが作り出すモノでもあります。

・もう少しで今年も終わります。今年の振り返り・来年の目標設定も含めて考えたモノを以下のように整理しました。そして思考を深めました。

1. 7つの習慣の基礎

1. 『フランクリン手帳』では、知識(何をするのか・なぜするのか)・スキル(どうやってするのか)・意欲(それをしたい)の3つのモノが重なる領域を『習慣』として位置付けています。

(1)知識

・目標達成のために、何をするのか・なぜするのかという源泉からフツフツと湧き出るモノを正しくピックアップし知識を吸収すること。

・この知識は量ではなく正確性が求められること。

・必要でないモノは取捨選択すること。

(2)スキル

・目標達成のために、どうやって行うのかという実践できるための正しい方法を身につけること。

・このスキルは無理のない方法で行うことが正確なスキルであり、かつ、維持できるスキルであること。

(3)意欲

・意欲は上記(1)・(2)を根源から支えるモノなので常に手帳の見開きの部分に記述し、毎日閲覧すること。

・モノは楽天的に考えること。

・意欲は衰えるモノだから、衰えた時に、『それをしたい』理由を瞬時に自分のマインドに再生させる。


2. 目標達成のために絶対に必要なモノは意欲の継続保持!

・長男と話し合って、自分の成長に必要なモノは『何かをしたい!』という意欲を持ち続けることが最重要ポイントだと結論付けられました。

・目標達成した時のイメージを絵に描き・写真で持ち歩き具現化すること。

・意欲は失敗・環境の変化等によって減少するモノだから、すること。

目標は高ければ高いほど達成には困難がありますが、達成にむけて全速前進です!

以上「フランクリン手帳の序章に記述された文章を再考しました!Take off!目標達成に向けて!」でした。

目標管理・目標達成は日々の健康管理が原点です!

とっても飲みやすい『森永製菓のおいしい青汁』お薦めします!

北アルプスの大地で育った新鮮なケールでつくりました。

おいしさとともに森永製菓がこだわりぬいた毎日飲み続けるからこその安全性。

産地・食材・水・工場全てが森永品質です。