2019年9月23日(秋分の日)新潟県十日町市清田山キャンプ場(コテージ泊)!

・記事冒頭画像のコテージに投宿しました!2019年9月23日(月)秋分の日の午後1時頃にチェックイン!翌日の午前10時前にチェックアウトしました!

・今回の家族旅行のために、北海道からロビンの長女夫婦も合流してくれました!

・都合、参加者はロビン夫婦(2人)、ロビンの母(1人)、ロビンの弟(1人)、ロビンの長女夫婦(2人)の合計6人です!

・大自然を前に、しっかりとアウトドアを堪能できました!

・広大なアウトドアスペースを占有して!静寂な空間!たおやかな『時』の流れを堪能できました!

・今回も、大自然を前にロビン一家のみのコテージ泊を行うことができました!

・下の画像が、「清田山キャンプ場」の所在地です!

・重地大池にはモツゴ、ヌカエビ、ゲンゴロウ、ジュンサイなどの珍しい動植物が多く生息し、また池の中央部には浮島があり、学術的にも貴重なものとなっています。

手つかずの自然がいっぱい!重地大池コテージは、広大なコテージです!

・ロビン一家は、昼間は池の太陽光を所々に反射する、あるべき大自然のたたずまいを見ながら、夕方は、コテージ1階の全天候型バーベキュースペースで、全員が饒舌に語り合いながら、時に周囲の虫の鳴き声などを聴いていました!

・ロビン一家のホワイトベースは上越ですので、コテージ泊を行わなくても良かったのですが、非日常生活を吟味するために、清田山コテージ泊を行いました!

・ここを訪れる時期にもよると思いますが、ロビン一家は蚊取り線香3セット(モスグリーンのぐるぐる巻きのタイプ)と、電気式の蚊取り線香2セットを持参しました。

・また、夕方以降は虫等がコテージ内に侵入する場合があるので、コテージのドアの開閉は、素早く行うことが必要になります!

・トイレはコテージの階下にありますので、ドアから出て、階段を経由してトイレに行くことになります。

ホワイトベースでコールマン413の点検を行います。ロビン一家には、ストーブ(バーナー)等は必須携行品です!

・昔、日産スカイラインの宣伝に「スプーンとカップをバッグに詰めて・・・・・」という歌が流行しました。

・ロビン一家は、上記「スプーンとカップをバッグに詰めて・・・・・」の代わりに、ストーブ(バーナー)等をノア号のトランクにパッキングして行きます!

・ガソリンやケロシンストーブ(バーナー)だけは、レンタル不可能です!他のモノはレンタル・または店舗で購入すればOKです!

・いつもどおり、ホワイトガソリンやケロシンをタンクに満タンに充填して、更に予備タンクを携行して出かけます!

・宿泊か、日帰りかによって携行品は異なりますが、ガソリンやケロシンストーブ(バーナー)、食材、食器(調理器具)、母のコンプレッサー式ネブライザ等は積載必須な携行品です!

・ノアの積載スペース(トランク)は限られていますので、優先順位を付けて積載します。

・清田山のコテージに行く前に、ホワイトベースで持参するガソリンツーバーナーの点検を行います!

・下の画像は、ホワイトベースに常置しているコールマン413の点検完了後の画像です!

清田山キャンプ場のコテージで購入・レンタルした器具

・清田山キャンプ場(コテージ)に到着しました!下記掲載の画像の管理人さんがいる受付に行き、コテージ泊の手続きを行います!

・清田山キャンプ場に到着して、管理人さんに挨拶を行い、下記画像の木炭を購入し、バーベキュー用のコンロをレンタルします。

・ゴミは基本的に持ち帰りですが、ビニール袋(50リットル以上?)1袋1,000円で可燃物、同じ容量のビニール袋をビンや缶用に購入します。

・これで、ごみ対策はOKです!

・コテージで夕食に使用する食材は十日町の原信(ハラシン)にて購入しました!翌日の遅い朝食は外食にすることにしました。

・この原信(ハラシン)はリーズナブル、かつ、食材も豊富ですので食料品の購入に頻繁に使用しています!

・今回の夕食購入経費は、23,445円(6人分)でした!ホワイトベースから食材(フルーツや野菜等)を大量に持参したので、現金(キャッシュアウト)での食料調達費用を低く抑えることができました!

・ノアの3列シートは各列に2人掛けで6人乗車で使用しました。荷物はトランクスペースに置きましたが、満タン状態でしたので、コテージに到着した段階で、即、全ての要冷蔵の食材を冷蔵庫に収納しました!

・9月下旬とは言えど、気温は高いので、コテージ内のエアコンをフル稼働させて室内の温度を低くします。

・自分の食べたい食材を、食べたい分だけ購入する!これはコテージ泊の醍醐味です!今回は魚介類がなかったので食材費をリーズナブルに設定することができました!

清田山キャンプ場の30人用コテージは、広大なコテージです!

・30人が宿泊できるコテージですが、今回はロビン一家の6人で使用します!

・ロビン一家は、このコテージ1棟を丸々レンタルしました!

・ロビン一家のノア号と比較すると、今回レンタルしたコテージの大きさが良く分かります!

・下の画像は、コテージの1階からコテージ周辺の風景を俯瞰したものです。

・シーツや枕カバーは別途レンタルします!

・広大なコテージでしたが、1つの部屋に6人が集合して布団を敷きました。

コテージの1階は全天候型バーベキュー用のスペースです!


・コテージのシャッターを開けると、広大な全天候型バーベキュースペースが姿を現します!

・目に入るのは、緑のじゅうたんと、木の囲み!耳から入るのは風のささやきだけです!そして風情のある東屋(あずまや)も視界に入ってきます!

・下の画像は1階のバーベキュー用の空間です!

・レンタルしたバーベキュー用のコンロに木炭をタップリ入れて、バーベキューを開始します。

・長女夫婦も、バーベキューやアウトドアクッキングを思い思いに行ってくれました。

・どんなモノが出来上がるのか、待つ時間がとても楽しく感じます!

・同時に、バーベキュースペースの中で、コールマン413に点火します!

・ロビンの奥さまが、快調にブルーフレームで燃焼しているコールマン413を使用して、アウトドアクッキングを開始します!

・コールマン413やコールマン424は、誰でもが簡単に使用できるガソリンツーバーナーです!

・下記リンクでは、ガソリンストーブ全般やガソリンツーバーナーの楽しさ!安全な運用等について記事を記載しています!

ガソリンストーブ(バーナー)のおすすめ!比較テスト!楽しさ!安全な運用方法を記載しています!

・下の画像は、簡易キッチンです!

・家族旅行コテージ泊の関連記事は下のリンクをクリックしてください!

乙女森林公園第2キャンプ場(コテージ)で盛大に新年バーベキュー!薪の暖かさ!炭の遠赤外線は最高です!

オススメ!城里町キャンプ場(コテージ)はリーズナブルな価格!静かなフィールドは最高です!

弓ヶ浜のコテージで最高のオーシャンビュー!そして豪快にバーベキューを楽しめました!南伊豆アウトドア➁

関東、東海、甲信越などのBBQが行なえる!家族旅行向け!おすすめコテージ(実体験)!

清田山キャンプ場!重地大池コテージ本体のレンタル費用およびコテージ備え付けの各備品は下記のとおりです!

・コテージ

・[平日]

・4,000円(11:00 〜 16:00)

・7,000円(17:00 〜 翌日10:00)

・10,000円(11:00 〜 翌日10:00)

[土曜日・祝日前]

・10,000円(11:00 〜 16:00)

・20,000円(17:00 〜 翌日10:00)

・25,000円(11:00 〜 翌日10:00)

*テントサイト

・無料

※コテージ1階のシャワー・更衣室、トイレは、テントサイト利用者もお使いいただけます。

※予約等の手続きは不要ですが、緊急時対応のため、ご利用の際は下記の清田山キャンプ場までご連絡ください。

コテージ内の設備

テレビ、公衆電話、長机、台所、冷蔵庫、湯沸し器、調理器具、食器類

1階ピロティの設備

水道、シャワー(コイン式5分100円)・更衣室、トイレ、木テーブル、イス

※施設内には寝具等のご用意はありません。寝袋等のキャンプ用品のレンタルは可能です。布団のご利用を希望される方は、ご予約の際にご相談ください。

※地面での直火は禁止です。

清田山キャンプ場!重地大池コテージの各レンタル用品は下記のとおりです!

・清田山キャンプ場では、様々なモノがレンタルできます!自動車の積載物を大幅に軽減できます!

(表示価格はすべて税込です。)

テント、寝具

テント   4,000円 4人用、自立式

三角テント 1,000円 4人程度、非自立式

タープ   3,000円 蚊帳式

寝袋    1,000円

エアマット   800円  約93cm×198cm×5cm

毛布      500円

シーツ     100円

ハンモック 1,500円 自立式

調理用具、食器

鍋セット   800円 フライパン2個・鍋1個

調理セット  700円 トング・菜箸・フライ返し等

皿セット   500円 4人用 平皿・カップ等

カトラリー  500円 4人用  箸・スプーン等

干し網    300円

飯盒・鍋  各300円 

クーラーボックス 300円 50リットル

ホットサンドクッカー 400円 直火式

ホットサンドセット(クッカー2個+焚火台1台) 1,500円

BBQ用品、コンロ

BBQ火鉢    500円 コテージ備付、炭別途

トング     150円

七輪(丸)   300円

七輪(角長)  500円

焚火台   1,000円 40×40×38cm 薪別途

鉄板・アミ(大) 各300円

鉄板・アミ(中) 各200円

鉄板・アミ(小) 各100円

ガス式コンロ  1,000円 ガス缶代別途2缶使用

炭式コンロ    1,000円 炭別途

イス、テーブル、調理台

イス     300円

テーブル   700円 約112cm×70cm

調理台    800円 約143cm×54cm×79cm

ランタン
ガス式ランタン  800円 ガス缶代別途1缶使用

電池式ランタン  800円

消耗品

ガスボンベ  600円

炭      700円 3kg

薪      400円 3kg

着火剤    200円

ロックアイス 300円

※清田山キャンプ場、重地大池自然観察広場のユーザーのみご利用いただけます。

※表示価格は、1泊2日(13:00 ~ 翌10:00)のレンタル料金です。

※レンタル用品の色・仕様等が写真と異なる場合もございます。

山並みが夜のとばりに包まれて行きます!

・美しい山並みが、つるべ落としのような速さで、夜のとばりに包まれて行きます!

・下の画像は、夕闇せまるコテージ前から撮影した画像です!

・この後、ロビン一家は近隣にある源泉かけ流し日帰り温泉『ゆくら妻有』に行きました。

*ロビン一家がレンタルしたコテージには、お風呂がありません。

・清田山キャンプ場(コテージ)から日帰り温泉『ゆくら妻有』までは、ノアで約10分ほどでした!

・少々熱めの温泉です。地元の方々が温泉への入浴を楽しんでいました!

・日帰り温泉『ゆくら妻有』の営業時間と入浴料金は下記のとおりです!

・営業時間:

・10:00-21:00(受付20:30まで)

・入浴料金

・中学生以上 600円

・小学生   300円

・未就学児  無料

・この日帰り温泉『ゆくら妻有』には、地元の農家のみなさんによる四季折々の採れたて野菜の直売コーナーがあります!

・大自然と触れ合った後は、温泉をゆったり味わってください!

・時間は、ゆっくりと進みます!

・ロビン一家は、アウトドアの中でたおやかな時間を過ごすことができました!