コテージのテラスに、灯油ランタンを吊り下げて、淡い明りを見ていると、自然界との境界線にいるんだなと感じます。

ヒトが明りを得るための道具としては、ランプ・ランタン・ライトなど様々なものがあります。

名前は異なっても、目的は同じ!

最近は、LED全盛です!バッテリー消費量が少ないこと。光量が大きいこと。燃料漏れや燃料の補給の心配。軽いことなどが主な理由です。

ランタンやランプは、ストーブやバーナーなどと同じくらい歴史があります。

今日は、ランタンやランプなどの記事を記載します!

灯油ランタンの先駆け!ハリケーンランタン!

ハリケーンランタンは、ドイツのフェアハンドランタンがポピュラーですね。

まずは、フェアハンドランタンの記事をご覧ください!

2013年頃までは、錫メッキによってフェアハンドランタンが製造されていました。

それ以降は、亜鉛合金銅版に素材を変えてフェアハンドランタンを製造しています。

なお、現在販売している物は全て亜鉛合金銅版モデルです。

オーソドックスな、ハリケーンランタンです!

基本的に、このタイプのハリケーンランタンは、誰でも簡単に淡い光を味わうことができます!

ランタン!ドイツのペトロマックスの紹介!

燃料を圧縮するタイプのランタンです。

日本に正規輸入されている灯油ランタンで、人気のあるモデルです!

歴史のあるランタンで、派生モデルも沢山あります。

ランタン!ハリケーンランタンの紹介!

ハリケーンランタンは、ドイツのフェアハンドランタンばかりではなく、構造が簡単で、質実剛健な点から、様々なメーカーが制作しています。

金色に輝くランタン・ランプもファジーな明りを提供してくれます!

淡い光をコテージのテラスで堪能できることは、アウトドア活動での最高の至福かもしれません。


ハリケーンランタンも、大型になると、野外を照らす光量も大きくなります。

圧縮タイプのランタンやランプに比較すると、灯油の消費量は格段に少ないです!

ランタン!アンカーランタンの記事!

ランタンやランプのカテゴリーに入りますが、主に船上の光源として使用したランタンやランプにアンカーランタンがあります。

陸上のアウトドア用のハリケーンランタンなどとは異なり、大変頑丈無双な作りになっています。

例えば、フレネルレンズの採用をしておりますので、楽しみ方も色々あります。

ランタン・ランプの高さを変える小道具!

1つのランタンを高さを変えることによって、照明範囲を変える小道具です。

この小道具を使用することによって、照明範囲を狭くしたり、あるいは、広くすることができます!

ランプやランタンは、リフレクター(反射板)を使用することによっても、その照明範囲を狭く、あるいは、広くすることもできます!

ランタンの書籍の紹介!

過日、書店から購入した書籍ですが、興味深い内容が記載されていました!

ランタン!ガスランタンの記事の紹介!

手軽で、価格も比較的に安価で、誰でも扱うことができるガスランタン・ランプの記事です!

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】