サイトのレスポンス速度が向上しました!画像の圧縮はサイトへのアップ前はtinypngのサイト上で!サイトへのアップ後はtinypngのプラグインで圧縮しています!


panda1-2

サイトの軽量化を行うために第1次調整はtrimを使用し、第2次調整はサイトへのアップ前はtinypngのサイト上で、サイトへのアップ後はtinypngのプラグインで圧縮!

・ロビンはサイトへ画像をアップロードする際は、第1次処理にJtrimを使用しリサイズ・切り抜きを行っています。

・最終的にサイトへアップロードする際に画像の圧縮処理を行って画像を軽量化しています。

・圧縮処理はアップロード前ならばtinypngのサイト上で行い、アップロード後はWarapress内のプラグインのtinypngで行っています!

1. サイトのアップロード前にtinypngで処理する方法が時間短縮になります!

・https://tinypng.com/のURLをクリックすると冒頭のパンダの画像が描かれているサイトが出てきます。

・このサイトには1回に画像20枚・容量5mbまで瞬時に圧縮してくれます。

パンダ万歳!ab

・圧縮方法は圧縮したい画像をつかんで、このサイトのDrop your png jpg files here!と書かれている矢印のところに落とすだけです。

・圧縮が成功するとパンダが万歳します!

・上の画像の圧縮率は最上部から71%、その下71%、最下部は70%の圧縮率になっています。

・こちらの方の処理方法が後述するプラグインを利用する方法より早く完了します。



・圧縮を完了後はダウンロードして、更に圧縮をかける場合はF5キーを押すと前に圧縮を行った画像は削除できます。

2. サイトのアップロード後にtinypngのプラグインで処理する方法

・このプラグインによる圧縮方法は何らかの事情によりサイトにアップロードした画像が圧縮されていない場合に使用する方が効果的です!

・このプラグインはWardpressの他のプラグインと同様に検索を行い、インストール、有効化の手順で全て完了します!

・1月に無料で圧縮できるモノは500プレスまでです。(画像の枚数ではありません。)

・ロビンはこのプラグインで約200枚くらいの画像に圧縮をかけましたが約3時間(全部全自動で行ってくれます。)かかりました。

3. tinypng使用方法の選択

・サイトに既にアップロードしているモノについてはプラグインのtinypngを使用した方が良いと思いますが、それ以外はtinypngのサイト上で圧縮を行った方が時間の短縮になります!

・tinypngのインストール後の設定は基本的にデフォルト設定で行いました。

・下の画像のようにサイトへのアップロード度前にサイトやアップロード後にプラグインで圧縮した場合は、サイト内のメディアのライブラリーにcompress(圧縮)の表示がされます。この表示がないモノは圧縮がまだ行われていないモノを表示しています!

無題111q

以上「サイトのレスポンス速度が向上しました!画像の圧縮はサイトへのアップ前はtinypngのサイト上で!サイトへのアップ後はtinypngのプラグインで圧縮しています!」でした。



コメント等は下の欄にご記入ください。承認したコメント等は当サイト内で紹介させていただきます!

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ