コールマン424、No12ストーブ、ハインツストーブで初冬のアウトドアを満喫しました。


1

渓流にコールマン424、No12ストーブ、ハインツストーブ持参し、初冬の色を満喫してきました。

・日々、冬の気配が濃くなってきました!

・久し振りに、ロビン一家4人で渓流に行きました!

・今日は、アサリご飯、ペペロンチーノとコーンスープを作りました。

・午前8時に横浜を出発し、フィールドで自然を堪能し、気温が低下し始める午後2時には、現地を後にすることにしました。

・今回は、母のテーブルサイドにカセットガスヒーターをセットしました。

・このカセットガスヒーターは、母の足元周辺を暖めるには、十分なスペックを具備しています。

コールマン424、No12ストーブ、ハインツストーブを持参しました!

・コンパクトバーナー、かつ、頑丈無双、いつでも点火一発の簡単着火のコールマン424

・壊れる気配がない、簡単点火、火力無双のイギリス軍用No12ストーブ


・超重量級、かつ、予熱一発、烈火無双のドイツ軍用ハインツストーブ

・他のストーブ(バーナー)のスペックも秀逸ですが、どうしてもこの3機種を帯同する回数が多くなりがちになっています。

2

午前11時くらいから若干風が強くなってきました!

・天気予報とは異なり、渓流に沿って風が吹くことがあります。

・タープのサイドシートを下ろして風除けにしました。

*あまり風が強くなる場合は、サイドシートをたたみ上げて、タープのスチール製フレームに過度な負荷がかからないようにする必要があります。

・これに呼応してカセットガスヒーターを、母の足元で点火しました。

・日常生活(インドア)、また非日常生活(アウトドア)でも基本的には『頭寒足熱(ずかんそくねつ)』です。

・要するに、足元は暖かく、頭部はあまり熱くならないようにします。

・こうすれば、ヒトの身体は効率よく暖め、かつ、気持ちよく活動することもできます。

今日の料理は、アサリご飯、ペペロンチーノとコーンスープです!

・アサリご飯は、自宅で作り熱々のモノを持参しました。

・下の画像のように、バーナーを並べて、早速アウトドアクッキングの開始です。

2

・お鍋の湯がグラグラと煮立ってきました!

3

・ピカピカのハインツストーブを使用しました!

4

コールマン424

・コールマン413やガスツーバーナーもあるのですが、フィールドに出かける時は、ロッカーの一番手前のコールマン424を持参してしまいます。

*コールマン424は、全てアメリカから輸入し、コールマン413は全て日本国内で購入しました。

・上記のストーブ(バーナー)のパーツは、約8割を海外から購入し、残り2割は日本国内で購入しました。

・今日も、カセットコンロと同じような手軽さで、点火、運転しました。

・ポンピングの時は、ストロークは真っすぐ、ゆっくり、かつ、力強く、正確に行うとポンピング回数は少なく、パーツは痛まず、燃料タンク内に大量の圧縮空気を送ることができます。

No12クッカー(ストーブ)(バーナー)

・お国によって、調理用機器の呼び名は様々です。

・前に、アメリカ海軍の方と交流した時も、彼(彼女)たちは調理機器はストーブで、暖をとる機器はヒーターと呼んでいました。

・イギリスの方々は、調理機器のことをNo12クッカーと呼んでいます。

・cook+er=cooker・・・・・料理を作る機械という意味ですし、stoveやburnerならば熱源そのものですね。

・ドイツ語でも同じように使用されています。

*ロビンはバーナー(ストーブ)という単語を使用しています。

・クッカー=バーナー=ストーブ=コンロです。(全て同じモノです。)

・ただし、調理機器はヒーターとは言いません。調理機器はあくまでもバーナー(ストーブ)です!

*では、ストーブで暖をとったらヒーターとは言わないのか?ヒーターでスープを作ってもストーブと言わないのか?という切れ目な問題も出てきます。

*それについては、要はメイン(主)として、担う役目に応じて、ヒーターやストーブの名称を使用すればOKだと思います。

*イギリスやドイツでも、ストーブという単語を使用する人も増えています。

・日本では、様々な名称がありますが、会話(コミュニケーション)に、特に支障がないならば、こだわらなくてもOKだと思います。

ハインツ(ゲニオール)ストーブ

・ドイツ製品らしく、こだわりがある部分がかなりあります。

・ドイツの思想といって良いのか、文化と言って良いのか分かりませんが、イギリス製品やアメリカ製品とは明らかに異なります。

・イギリスはビッグバン(金融立国)以前は製造大国でしたし、アメリカも今もって製造大国です。またドイツも自動車、電気製品、工具など製造大国の地位をG7の中で日本と競っています。

・このような小さな工業製品の軍用ストーブ(コンロ)にも、その違いが表れています。

・加圧計(プレッシャーゲージ)や、急速予熱バーナー、多数の工具類のセットなどです。

・このように各国のストーブを見比べながら、その当時の背景を、紐解いていくことも楽しみの一つになりました!

コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド 2000021950 【日本正規品】

コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド 2000021950 【日本正規品】
¥ 8,900
ASIN: B00SLOACVE
コールマン(Coleman)
生産国:中国
持ち運びに便利なキャリーハンドル付き。 ●耐風性に優れ、最大火力約3,500kcaL/h×2のハイパワー ●簡単点火・火力調節:ライター不要の自動点火装置付き ●機能:点火装置 ●軽量薄型:コンパクトボディに便利なハンドル付き..
CS Shop

ミリタリーストーブリペアキット  軍用 M1950 M1942アラジン G.I. ストーブ用リペアパーツ(ROGERS/COLEMAN)

ミリタリーストーブリペアキット  軍用 M1950 M1942アラジン G.I. ストーブ用リペアパーツ(ROGERS/COLEMAN)
¥ 1,980
ASIN: B009BOLVCW
OldColeman.com
NRV(ノンリターンバルブ)弁体パッキンM1950用3個 ・M1942MDDアラジン用3個 ・タンク内フューエルニードル用パッキン3個・皮製ポンプカップ 3個 ・燃料キャップパッキン(フィラーキャップパッキン) 5枚
M-1950とM-1942とでは、ほとんどの..
CS Shop

コールマン パワーハウスツーバーナー 413H499J

コールマン パワーハウスツーバーナー 413H499J
¥ 27,218
ASIN: B000BS066E
コールマン(Coleman)
●メーカー品番:3000000391
高燃費、高火力なホワイトガソリン仕様のツーバーナーの定番。●火力:最高時6、400kcal/h (メインバーナー3、650kcal/h、サブバーナー2、750kcal/h) ●燃料タンク容量:1.6L ●燃焼時間:2~6時間 ●サイズ:67×46..
CS Shop

プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 コールマン 413Hパワーハウス ツーバーナー専用グリルプレート..

プロ仕様!極厚バーベキュー鉄板!BBQ・アウトドアの必須アイテム。 コールマン 413Hパワーハウス ツーバーナー専用グリルプレート..
7,240 円 (税込)
評価 4.75
商品詳細 材質  黒皮鉄板(HOT) 板厚  6.0mm 製品サイズ  51.5cm x 28cm x 3.5cm (横幅x縦幅x高さ) 焼面サイズ  41.5cm x 24cm  重量  約6.3kg 付属品  サポートハンドル1セット(2ヶ) 対応製品  コールマン : 413Hパワーハウス ツーバーナー  型番 : 3..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

【送料無料】ステイジャー コンパクト ガス ツーバーナーコンロCAPTAIN STAG【RCP】【M-8249】

【送料無料】ステイジャー コンパクト ガス ツーバーナーコンロCAPTAIN STAG【RCP】【M-8249】
14,774 円 (税込) 送料込
評価 4.83
商品情報 手軽に使えるツーバーナー! お手軽に使えるツーバーナー用バーベキューコンロ。 防風の枠があるので風にも強い。 ●収納時には折りたたんでコンパクトに ●オートキャンプにも便利! サイズ(約) 組立サイズ:W640×D330×H490mm (フード使用時) 収納サイズ:W525×D300..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

新富士バーナー バーナー SOD-371 MUKAストーブ ガソリンストーブ アウトドアストーブ 自動車用レギュラーガソリン/ホワイトガソリン使..

新富士バーナー バーナー SOD-371 MUKAストーブ ガソリンストーブ アウトドアストーブ 自動車用レギュラーガソリン/ホワイトガソリン使..
16,740 円 (税込) 送料込
評価 4.71
メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています。100年以上の歴史を持つガソリンストーブ。その歴史が持つ信頼感と堅牢さで、世界の登山家やアウトドアラーの必需品として活躍してきたストーブです。彼らにとっては、予熱作業や使用後のメンテナンスも道..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop


コメント等は下の欄にご記入ください。承認したコメント等は当サイト内で紹介させていただきます!

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ