アウトドア料理で威力無双!ペトロマックス灯油ストーブ(改)(Pelam)とホエーブス625(Phoebus625)をブラッシュアップしました!


Petromax ストーブ 全景

ぺラム社製の灯油ストーブにホエーブス625(Phoebus625)のバーナーヘッド移植後、ジョイントパッキンを少し強化ししました!

Pelam社製のストーブにPhoebus625(ホエーブス625)を移植後、放置していたのですがノンアスベストパッキンを入手したので使用しました。

1. パッキンの選択基準

Phoebus625 パッキン
ビンテージストーブのメンテナンスを行う場合に注意する点に「圧漏れ」があります。

今回のように、他社のストーブに他社のバーナーヘッドを移植する場合には、特に接合面からの圧漏れに留意する必要があります。

パッキンは自作しても良かったのですが、時間がなかったので購入しました。

アルコール皿の上部・下部ともにはノンアスベストパッキンを噛ませました。


2. Pelamストーブ(改)の燃焼テスト

1. 移植前の母体となったストーブはPelam社製の下に記載したスペックをもつ中型ストーブでした。

出力 2,5 KW
高さ 21 cm
ゴトクの直径 21 cm
燃料タンクの容量 1,2 Litre
重量 1,2 kg

2. 移植後

大幅に火力が増大しました。

ゲニオールGeniol(heinze)ストーブと同じくらいの火力があると思います。

早速(Pelamストーブ(改))で、厚切りベーコンを焼いて白コショウをかけて食べました!!美味舌下!!

3. ぺラム(Pelam)ストーブ(改)の今後の課題

純正のPetromax(Pelam)ストーブに快適仕様で装着した、防風板が使用できなくなりました。
(新たにスピンドルがついたため)

また時間をかけて防風板を作ります。

Phoebus625 ハンドル
あと、現在、Phoebus625のハンドルを使用しているので、今後、これも作ります!

上手くいったらまたレポートします。

頑丈無双なストーブが新たに誕生しました!!


コメント等は下の欄にご記入ください。承認したコメント等は当サイト内で紹介させていただきます!

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ