「ケロシンストーブ」タグの記事一覧

ケロシンストーブ!ハインツ・ゲニオールストーブのメンテナンスパーツ(予熱用アルコール皿等)のご紹介です!

1-22

・ケロシン(灯油)ストーブの中でも、重量級の部類に入るハインツ・ゲニオールストーブの予熱皿の紹介!

・当サイトでも過去に記事として紹介した重量級の部類に入るハインツ・ゲニオールストーブですが、ロビン自身の備忘メモとして、今回の記事をアップロードします!

・今日の記事は、大きく分けて2つです!

・1つはハインツ・ゲニオールストーブの予熱皿の紹介記事!もう1つはハインツ・ゲニオールストーブのニップル(ジェット)とニードル等のメンテナンスパーツ類の記事です!

・ハインツ・ゲニオールストーブの予熱の際にアルコール皿が新規に出品されていたのでご紹介します!

・この予熱皿はロビン自身は購入していませんが、サードパーティー制のユニークな作品です!

・この出品物は燃料タンクの上部窪みに燃料用アルコールを使用し予熱していたケースに比べ、以下の特性があります!

(1)この予熱皿を使用しないで、アルコール等を予熱材として燃焼させバーナーを本燃焼にシフトすることは従来どおりですが、この予熱皿を使用することにより、バーナーと予熱皿の距離を短くできること。

ebayで軍用No12ストーブ(サイレントタイプ)のガスケット用銅ワッシャーを購入しました!

9

・ebayでケロシンストーブ-No12ストーブ(サイレントタイプ)のガスケット用銅ワッシャーを購入しました!

・堅牢無双なケロシンストーブ(バーナー)のNo12ストーブ(サイレントタイプ)のメンテナンスを、過日行いました。

・過日、行ったNo12ストーブのメンテナンスの過去記事は、こちらです!

・その際に、サイレントバーナーの損耗した部分を補って、機能を十分発揮させることを確認しました。

・No12ストーブのサイレントバーナーのガスケットは2層構造になっています。

・この2層の上部ではサイレントバーナーの気密性を良くするために、比較的柔らかい金属が使用され、下層では熱に強い銅が使用されています。

・このため長期間使用するとサーモスタットのような機能がガスケットに生じて、ガスケットが歪む事が分かりました。

・これを踏まえて、ロビンは代替パーツを入手し、サイレントバーナーの耐用年数の半永久化・機能強化を考えました!

・購入する際の必須条件としては、ガスケット(パッキン)として、気密性と耐熱性を有する銅ワッシャー(単層!1層!)です!
です!

・銅100%の平ワッシャーが購入目的物です!

ケロシンストーブ!No12ストーブ(サイレントタイプ)のガスケットメンテナンスを行いました!

7^0

・ケロシンストーブ!灯油を燃料または主燃料とするストーブをケロシンストーブ(灯油ストーブ)のカテゴリーに区分します!

・アウトドア用のストーブ(バーナー)を区分する場合に、灯油を燃料または主燃料として使用するストーブ(バーナー)をケロシンストーブ(バーナー)と呼ぶ場合があります!

・灯油は比較的安価であること!強力な火力を発揮できること!

・そして、多くの家庭で灯油(越年灯油を含む)を所有していること、ホワイトガソリンに比較してガソリンスタンドでも入手しやすいことなどのメリットがあります!

・現行法では灯油の保管はポリタンクでの保管もOKです!

・ただし、消防法(国の法律)や火災予防条例(地方自治体の法律)で定められている危険物の保管量(上限)の適用があります。

・主に米語(アメリカ語)を使用する圏内でkerosene(ケロシン)という用語が使用されています!

・ストーブ・ランタンにまつわる表記(表示)では、イギリス語と英語で異なる表記が少なからずあります。

・今回はケロシンストーブという表現で記事を記述します!

・上記のケロシンストーブのカテゴリーの中にイギリス軍・陸軍軍用No12ストーブがあります。

・ebayで購入したNo12ストーブ用のサイレントバーナーのガスケットが少々歪んでいました!

プリムスストーブ!オプティマスストーブ!メンテナンスツールのご紹介です!

1-1

・プリムスストーブ!オプティマスストーブ!サービスキットのセットです!

・ガソリンストーブやケロシンストーブのメンテナンスツールのご紹介です!

・今回は、表記のとおり、プリムスストーブ!オプティマスストーブ!のメンテナンスツールセットのご紹介です!

・ebayに流通しているプリムスストーブやオプティマスストーブは、ワンオーナーではなく複数の持ち主の下で、その役目を担ってきた場合が少なくないです。

・ストーブによっては、60年また70年以上の月日を経ているものもあります!

・オプティマスは1899 年にスウェーデンで創業したストーブやバーナー(燃焼機器)のメーカーです。

・ebayでは、下の画像のようなOPTOMUSストーブが流通しています!

・オプティマス(optimus)は「最良」を意味するラテン語です!

・オプティマスのエンジニア(技術者)が、世界中でNo1(最高品質)の燃焼機器を開発したという『宣言』です!

アウトドアストーブ(バーナー)やランタンの『名機と名器』・『愛機と愛器』そして『機械と器械』!

4

アウトドアストーブ(バーナー)やランタン『機械と器械』

・計算、分析や事務処理など現在の社会において、事務処理を担うモノは、ヒトの生活に大きく役立っています!

・『機械』とはマシーンのことです。そして複雑な構造により独自の性能を有し、成立しているモノになります。

・例えば、同じように四則演算を行ってもパソコンは『計算機』になります。『計算器』と表示することはないと思います。

・『器械』とは、instrumentです!『機械』に比べて、単純な構造で、ヒトが操作することにより性能を発揮するモノです。

・例えば、同じように四則演算を行っても、そろばん(算盤)は『計算器』になります。『計算機』と表示することはないと思います。

・カシオ計算機やシャープのような電卓は、複雑な構造によって成立しているので『計算機』です。

ゲニオールストーブでアウトドア料理を更に美味しく!おでんとかぼちゃの煮物を美味しく作りました!

7

非日常的なクッキングバーナーを使用すると、非日常的な空間が堪能できます!たおやかな時間の流れを堪能しながら、美味しいアウトドア料理を!

・屋根の下でおくる快適な日常生活から離れ、アウトドアではあえて不便な非日常的な生活空間を堪能する。

・これはアウトドアの楽しみの1つであると思います!アウトドアは不便なるがゆえに、料理は美味しくなり、時間はユックリ経過するのだと思います。

・何もかも揃ったシチュエーションとは、インドアと何ら変わらないモノになってしまいます。

・ロビンは、今回は防風板を装着した武骨なドイツ軍用ストーブ・ゲニオール(ハインツ)ストーブで、サイレントバーナーの咆哮を堪能してきました!

・ゲニオールストーブに装着した防風板は予熱時から、シッカリ機能し、1発で綺麗なブルーフレームになりました。

・今回は、イギリス軍用No12ストーブも準備したのですが、防風板着用のゲニオールストーブのバーナーの咆哮が凄かったので、結局イギリス軍用No12ストーブは使用しませんでした。

ゲニオールストーブ(ハインツストーブ)・ドイツ軍用ストーブに風防を装着しました!アルミ板0.8㎜を使用しました!④

1

ゲニオールストーブ(ハインツストーブ)-(灯油・ケロシンストーブ)にアルミ板(0.8㎜)を使用し、風防を装着しました!

・ロビンが大好きな重厚無比・質実剛健・頑丈無双なドイツ軍軍用灯油ストーブのゲニオールストーブ(ハインツストーブ)は、火力無双です。

・しかしながら、側面からの風防対策がとられておらず、その火力が風によって、大幅に奪い取られることがありました。

・従前記述したEPI-A6502も使用できるのですが、ゲニオールストーブ(ハインツストーブ)-専用の風防を装着してみたいと思い、アルミ(0.8㎜)を使用し風防を作成しました。

ペトロマックスストーブ(改)等の搬入用のケース(缶)を購入しました!ジャストフィットでした!

1

近所のホームセンターで10リットルのペール缶(スチールバンド付き)を購入しました。

・今までフィールドにペトロマックスストーブ(改)等を持参する際は、紙袋に入れて搬入していました。

・また、胸のあたりに抱きかかえるようにして両手で持ち、何か厳かな雰囲気で使用場所まで搬入し、ペトロマックスストーブ(改)等を使用しておりました。

・他の方々が、そのような状況を遠望した際は、「あの人は金色の何かを胸のあたりに両手で掲げて、一体何を持ち込もうとしているのだろうか?」と思った方々もいるかもしれません。

・ロビン自身もこのような、アウトドアにおいて仏壇にお供え物をするような、神々しいシチュエーションは早急に改善したいと考えていました!

・また、粗忽者のロビンですから、いつ、ペトロマックスストーブ(改)等を損壊してしまうかもしれないという、恐怖感もありました。

・先日、近所のホームセンターで10リットルのペール缶(スチールバンド付き)を発見し、2個購入してきました。

・本来の使用目的は塗料と塗料を混ぜて使用する際等に使用するとのことでした。

ホエーブス625のシール材(ジョイントパッキン)のサイズを計測しました!(国産・海外のモノ)②

6

・ロビンはペトロマックス灯油(ケロシン)ストーブのジョイントパッキンと、ホエーブス625のジョイントパッキンを共用しています。

・国内で購入したホエーブス625のジョイントパッキンは、ペトロマックスストーブで6ヶ月使用しました。大変満足したジョイントパッキンでした!

・ロビンはイギリスから、ホエーブス625のジョイントパッキンを取り寄せ、別のペトロマックスストーブで6ヶ月使用しました。

・このイギリスから、輸入したホエーブス625(ケロシンストーブ)のジョイントパッキンも、大変満足したジョイントパッキンでした

・今回半年ほど使用し満足のいく成果を得たジョイントパッキンのサイズを記述します!

ケロシンストーブ・ランタンのシール材(ガスケット・パッキン・Oリング等)を相互流用し効果的に使う!①

a

・ケロシンストーブ・ランタンの補修を行う際に、ガスケット・パッキン・Oリング等の単語が目に入ってきます!

・ガスケット・パッキン・Oリング等は基本的には、全て同じ役目を担っていますが、使用される場所(部分)・部材や形状が異なることから、分類・区別されています。

・ガスケット・パッキン・Oリング等は外部から異物の侵入をシャットアウトし、内部から外部への液体・気体のリークを防止する役目を担っています!

・ケロシンストーブ・ランタンのシール材に限らず、身の回りの多くのモノにシール材が使用されています。

・シール材とは、シール(seal)モノを封印して、密閉する役目を担うモノです。

・古い欧米の映画で、重要な文書に封蝋(ふうろう、シーリングワックス)を行いますが、あれも代表的なシールですね。

*日本では封筒の口に「〆」のマークを書いたり、「緘」の印を押します。

ホエーブス625のハンドル基部からの炎漏れ・グラファイトパッキンの交換の保守分解の図解(メンテナンス➄)

ホエーブス625-1

ホエーブス625のハンドル基部からの炎漏れ・グラファイトパッキのメンテナンス

・ホエーブス625を長く使用していると、ハンドル基部からの生ガスの噴出を抑制しているグラファイトパッキンが損耗・劣化してきます。

・このグラファイトパッキン自体が消耗品であり、この損耗・劣化は全てのストーブやランタンに発生するモノです。

・このグラファイトパッキンはコールマンやオプティマス系・svea等ほとんどのメーカーのストーブやランタンに使用されているパーツだと言っても過言ではないです。

・このグラファイトパッキンの損耗等によって、炎が漏れた場合は最初は6角ナットの増し締めで対応できますが、何度もこの増し締めを繰り返して行くうちに、根本的にグラファイトパッキンの交換を行うことになります。

ホエーブス625(ケロシンストーブ)・バーナーヘッドの構造の図解(メンテナンス➀)

ストーブ画像

・ホエーブス625(ケロシンストーブ)の取扱説明書に基づいた、メンテナンスや取扱等について、今日を含めて5回投稿します。

・ホエーブス625(Phoebus 625)は、オーストリアのヨーゼフ・ローゼンタール金物製作所(Metallwarenfabrik Josef Rosenthal 、MJR)が作った質実剛健なガソリン・灯油ストーブです。

・このストーブは1920年代からオーストリア陸軍の要請に応じて登山用のストーブやランタンの生産、販売が行なわれました。

・オーストリアが第二次世界大戦中にドイツに併合されていた際に作られた「ジャーマン・ホエーブス」(ドイツ製)も存在します。

・ホエーブス625は信頼性が高く、メンテナンスもしやすく、堅牢で長年に渡り生産され、世界中で使用されてきましたが、1992年に生産が終了しています。

・今から約25年前に、生産が終了しています!

No12ストーブ(イギリス軍用箱型ストーブ)の給油口パッキンをNRBパッキンに交換しました!

22

イギリス軍用No12ストーブの給油口パッキンを市販のNRBパッキンに交換しました!

・ポンピングをするとタンクの給油口パッキン部分から灯油が滲んできます!またポンピングを行っても適正な圧力が得られない状況になりました!

・タンクの給油口パッキン部分をかなり締め付けましたが、滲みは止まりませんでした。

・下の画像はNRBパッキンに交換する前の、使い込んだ純正パッキンです!

・このタンクの給油口パッキンは輸入して以来交換していません。使用可能の限界時期が到来したのです。

プリムス-オムニフューエルストーブを初点火しました!Primus omnifuel-(マルチフューエル・ストーブ)です!

primus omnifuel

プリムス-ストーブは堅牢で頑丈無双なストーブを作り続けているメーカーです!イワタニ・プリムスが扱っていない(日本では未発売)秀逸なストーブが沢山あります。

今日は、そのうちの1台のプリムス-オムニフューエル3289-Primus omnifuel-3289を燃焼させました。

*購入してから何年か箱も開けずに放置していました。

*まだ未点火ストーブとランタンは沢山ありますが、無理せず少しずつ箱を開けていきます!

ロビンはプリムス-オムニフューエル3289-Primus omnifuelを灯油で使用します!

MSRやOptimus ストーブにもマルチフューエル・ストーブがあります。

MSRやPrimusは使用する燃料によって使用するジェット(ニップル)を使い分ける必要がありますが、Optimusのストーブは共通のジェット(ニップル)使用でOKです!

ペトロマックス-ストーブ(灯油・ケロシン)のジョイントパッキンを純正パッキン⇒ノンアスベストパッキンに変更しました!

petro12

ペトロマックス-ストーブのジョイントパッキンを純正ファイバー製パッキン⇒ノンアスベストパッキンに変更しました!

上の画像はドイツのPelam社からペトロマックス-ストーブを輸入したまま、未点火・未使用の段階のモノです。

大変扱いやすく、頑丈無双な灯油ストーブですが、困ったことにバーナーヘッドと支柱 ( Connection piece )を接続する際に使用する純正のジョイントパッキンが長期間の使用に耐えがたく頻繁に、このジョイントパッキンの交換を強いられていました。

ガソリンストーブ!ケロシンストーブ用パーツ!ebayで購入したNBR製Oリング(8mm・20mm・23mm・24mm)が届きました!引っ張り強度もOKです!

123

ガソリンストーブ!ケロシンストーブ用パーツ!

ebayで購入したNBR製Oリング(8mm・20mm・23mm・24mm)が届きました!引っ張り強度もOKです!ebayで購入した耐油性NBRのOリングが届きました!サイズは(8mm・20mm・23mm・24mm)です!

・このOリングは6㎜~32㎜まで、ほぼ1㎜刻みの大きさのサイズが取り揃えられています!

・今回ロビンがオーダーしたNBRゴムとは、ニトリルゴム (nitrile rubber) は主要な合成ゴムの1つであり、アクリロニトリルと 1,3-ブタジエンが合体したものです。

・耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に比較的優れていますが、耐オゾン性や耐寒性が他のゴムより劣るとされています。

*耐寒性ですが極寒の地で使用しない限り、普通に使用する分にはOKです!

・Oリングやガスケット等のシール材、また手袋の材料として良く用いられています。

・温度が高温(例えば200℃以上にもなるような場合)はバイトン(VITON)等のフッ素ゴム等の合成ゴムを使用することとなりますが、120℃以下ならばNBRゴムで十分OKです!

ケロシンストーブのパーツとして、内径8mm×外径12mm×厚さ1mmの銅パッキン(ガスケット)を小ロット10枚-ebayで購入しました!

777

内径8㎜×外径12mm×厚さ1mmの銅パッキン(ガスケット)を小ロット10枚-ebayで購入しました!

・このサイズの銅パッキンをかなり消費してしまったので、ebayから10枚購入しました!

・今回は送料無料の商品です。

・ロビンはケロシンストーブのメンテナンス作業にアルミのガスケット(パッキン)を多く使用していたのですが、今後はストーブ・ランタンのメンテナンス作業に銅ガスケット(パッキン)も使用してみたいと考えていました。

・そこに小ロットでも対応してくれるセラーさんがいたので、そのショップから10枚ほど購入してみることにしました!

・価格は151円で、1枚約15円でした。

ebayでオプティマス111・No12ストーブ・ハインツ(Heinze)の共通スピンドルを買いました!

spindle-1

軍用ストーブのメンテナンス等に使用したために、手元にあるオプティマス111・No12ストーブ・ハインツ(Heinze)のスピンドルが少なくなってきました!

沢山あったオプティマス111系のスピンドルが僅かあと3本になってしまいました。

オプティマス111はガソリンもケロシンも両方使用できます!
スピンドルの在庫はもう少あった方が良いのでe-bayでオプティマス111・No12ストーブ・ハインツ(Heinze)の共通スピンドルを2本購入しました!

今回は台湾のセラーさんからの購入です。

ケロシンストーブ・ランタンやアウトドア小物の製作に便利な金切りバサミ(GISUKE 高儀 金切鋏)のご紹介!!

DSC_0004

ケロシンストーブ・ランタンのメンテナンスやアウトドア小物の作成に便利なギスケ・ 高儀(たかぎ)金切バサミです!!

基本的には刃の奥まで切断するモノを良く食い込ませて、長い刃のスパンを利用して切るようにすると、力が効率よく発揮でき・長さも長く切れます。

用途は色々!このサイズの金切りバサミがあると、ほぼ大抵のことはできます。

グラスウール(耐熱温度770度)!はケロシンストーブの予熱の守護神!予熱皿に敷くと予熱時間が倍増します!

耐熱・グラスウール

ケロシンストーブ・ランタンを燃料アルコールで予熱する時は、耐熱温度770℃グラスウールを使用すると便利です!予熱時間が大幅に伸びます!

ケロシンストーブやランタンに着火する際は、予熱が必要です。

無風状態や微風ならば、通常の予熱時間でも1発で問題なく点火する場合であっても、風が強かったり・気温の低下が激しく通常より多くの
予熱時間を必要とする場合があります。

そのような時に、このグラスウールが役立っています。

イギリス陸軍・No12ストーブ(クッカー)!防風板があるとアウトドア料理の熱源は火力無双!

No12 ストーブ ミー

イギリス陸軍・No12ストーブ(クッカー)!とても頑丈で頼りになるケロシンストーブです!

このストーブの設計は秀逸で、防風板・タンク・バーナーの位置等が全て機能優先になっています。

箱形ストーブは、一部グリーンのOptimus Hiker(タンクがグリーンのモノ)が市販されているだけで、今後は市場に流通しなくなると思います。

カセットガス等のガス全盛です。

だからこそ、こういったビンテージなモノをメンテナンスしながら、大切に使用していきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ