「コールマン424」タグの記事一覧

コールマン413、424ガソリン2バーナー!簡単!比類なき単純な操作性!サブバーナーは保温機能にも!

y2

・コールマン413・424ガソリン2バーナー!簡単!単純な操作性能は秀逸そのもの!

・コールマン社で製造・販売するガソリンバーナーの多くが、予熱皿等を使用したプレヒート(予熱作業)を行いません。

・コールマン413や424等のコールマン製品の優秀な点はプレヒート(予熱作業)が、そのまま本燃焼にシフトすることです!

・この機能はヨーロッパ系の多くのストーブ(バーナー)に比較して、『着火(点火)やドライブ』までの手順を大幅に軽減しましした。

・カセットコンロと異なる点は、燃料タンクのホワイトガソリンをポンプで圧縮することと、燃焼ダイヤルを捻ってホワイトガソリンに点火し、『1分間』待つだけです!

・この作業だけがカセットコンロの作業と異なる点で、後は豪快無双なガソリンストーブ(バーナー)の世界でアウトドアクッキングを吟味できます!

・ホワイトガソリンを使用するストーブ(バーナー)は、数多く存在しますが、コールマン社のガソリンストーブ(バーナー)は、ユーザーの使いやすさを徹底的に前面に押し出しています!

・この使いやすさや頑丈な点が、世界中のコールマンユーザーに支持されているポイントです。

・ロビン一家では、この簡単な操作性のおかげでロビンの母(高齢ゆえ)を除いて、全員がコールマン424や413の操作を行ってくれます!

西伊豆・やまびこ荘で新年バーベキュー!プリムスオムニフューエル・コールマン424でアウトドアクッキング!

2-1

西伊豆は温暖でした!新年バーベキューは、お肉と海鮮(海老・ハマグリ等)で盛大におこないました!

・午前4時頃に、横浜を出て、西湘バイパス・国道135線等を使用し、小田原・熱海・下田等を経由して、西伊豆の『やまびこ荘』に行きました。

・今年は1月1日・2日はお休みのスーパーマーケットがあったので、12月31日に横浜で大量の食糧を購入して、アルコール類や牛乳類等のみ、西伊豆のマーケットで購入しました。

・今回は、ノア1台で5人乗車して荷物を満載したので、バーナーはコールマン424とプリムスオムニフューエルと、ミニガスストーブ(2台)、カセットガスヒーターを持参しました。

・木炭は約8キロです。(2回バーベキューを行いました。)

・木炭約8キロは全て消費してきました。

*この他にも、『やまびこ荘』で薪を購入して、野趣あふれるバーベキューにしました。

・夕暮れの『薪を使用しての焚火(たきび)』は、アウトドアの醍醐味をダイレクトに感じますが、ロビンは料理や暖を取る場合は『炭』を多用しています。

コールマン424、No12ストーブ、ハインツストーブで初冬のアウトドアを満喫しました。

2

渓流にコールマン424、No12ストーブ、ハインツストーブ持参し、初冬の色を満喫してきました。

・日々、冬の気配が濃くなってきました!

・久し振りに、ロビン一家4人で渓流に行きました!

・今日は、アサリご飯、ペペロンチーノとコーンスープを作りました。

・午前8時に横浜を出発し、フィールドで自然を堪能し、気温が低下し始める午後2時には、現地を後にすることにしました。

・今回は、母のテーブルサイドにカセットガスヒーターをセットしました。

・このカセットガスヒーターは、母の足元周辺を暖めるには、十分なスペックを具備しています。

コールマン424、No12ストーブ、ハインツストーブを持参しました!

・コンパクトバーナー、かつ、頑丈無双、いつでも点火一発の簡単着火のコールマン424

・壊れる気配がない、簡単点火、火力無双のイギリス軍用No12ストーブ(クッカー)

コールマン424の箱の内側のアルミホイルを貼りなおしました!アルミホイルを貼れば清掃が簡単です!

4-2

コールマン424のスチール製の箱の内側に貼ってあったアルミホイルの汚れが目立ってきました。

特に油(オイル)を使用した料理を作った場合は、かなりバーナー下部やコールマン424の内側が汚れます。

汚れは放置しておくと落としにくくなるばかりか、錆や腐食の原因にもなります。

コールマン424の内側にこのようにアルミホイルを敷くか、また、付着した汚れは日数が経過しない内に早め早めにブラシ等で落としています!

前回貼ったアルミホイルもかなり汚れが目立つようになりました。

そこで、今日は新たにアルミホイルを貼りなおしました!

コールマン424とNo12ケロシンストーブで、横須賀・うみかぜ公園でパスタと野菜スープ他を作り・食べました!

1

久しぶりに横須賀のうみかぜ公園に来ました!今日はスパゲッティ・ナポリタンと栄養タップリの野菜スープを作ります!

インドアで食べる同じ食材で、アウトドアでは美味しさが各段に増加します!

健康増進!!美味しさのコストパフォーマンス値増加のために!

今日は、少々潮風が強いようです。

風の吹く方向が時々変化しています。

こういう時は風に逆らって行うポンピングの強化より、防風坂をシッカリ使う方が優先します!

風が吹いている方向に対し、防風坂の背をシッカリ向けます。

燃料の節約と火力の強化の一石二鳥になります。

昨夜のうちにコールマン424のホワイトガソリンも、No12の灯油も満タンにしてあります。

両ストーブに元気よくポンピングし、楽しいアウトドアクッキングの開始です!

小嶋屋のへぎ蕎麦をアウトドアで食べました!!豊かな風味!滑らかな喉ごし!『へぎ蕎麦』は最高でした!

dsc_0036

久々に『新潟県-十日町市-小嶋屋の『へぎ蕎麦』を食べました!!う~ん!変わらぬ味!喉ごしの良さ!美味しかったです!

『へぎ蕎麦』は魚沼地方の上質な玄蕎麦を石臼で挽き、織物に使われていた海藻(ふのり)を使用して、蕎麦を打っています!

今回ロビンはこの『へぎ蕎麦』をアウトドアで食べることにしました!

最初に『へぎ蕎麦』を茹でで作りました!風味が生命ですので手際よく茹でました!

サブコンテンツ

このページの先頭へ