2021年6月25日(金曜日)に、横浜市から新型コロナワクチンの接種券(2名分)が郵送されてきました。

封筒には接種券と資料が同封されています。

資料については、下記の資料が同封されていました。

分かりやすい資料となっています。

国や政府関係者。地方自治体や医療関係者などの尽力により、接種スピードは加速度的に増加しています。ロビンは関係者の努力には、ただひたすら感謝しています。

以下、同封されていた資料をアップロードします。

新型コロナワクチン接種券。夫婦2人分届きました(横浜市)。スケジュール接種の概要

横浜市で予定している、今後のスケジュールや概要などについても、分かりやすく、かつ、詳細に記載されています。

A4版サイズで、表裏印刷で、分かりやすく記載されています。(カラー印刷です。)

新型コロナワクチン接種券。夫婦2人分届きました(横浜市)。ファイザー社製と武田/モデルナ社製との2種類。

ファイザー社製

武田/モデルナ社製

新型コロナワクチン接種券。夫婦2人分届きました(横浜市)。2種類のワクチンなど

上記、2社の製薬会社のワクチンが、現在、日本国内で流通しており、これを接種することになります。

接種の予約には、インターネットの方が、つながりやすいとのことなので、余裕をもって、申し込みしたいと思います。

横浜市から配布された広報にも、同様の事項が記載されています。

なお、ファイザー社製およびモデルナ社製のmRNAワクチンは、このスパイクタンパク質のみをヒトの細胞内で人工的に作る遺伝子を利用したワクチンを使用しています。

両方とも、mRNAワクチンです。

このワクチンを接種することで、新型コロナウイルスの感染に対する抵抗力(抗体)が獲得できるというわけです。

横浜市新型コロナワクチン接種券。厚生労働省のHPから

新型コロナワクチンについては、接種後完全に100%防げるかというポイントについては、厚生労働省が下記のように、コメントしています。

ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する場合はあります。また、ワクチンを接種して免疫がつくまでに1~2週間程度かかり、免疫がついても発症予防効果は100%ではありません。
ワクチン接種後でも新型コロナウイルスに感染する可能性はあります。

ファイザー社の新型コロナワクチンは、通常、3週間の間隔で2回接種します。最も高い発症予防効果が得られるのは、2回目を接種してから7日程度経って以降です。体の中である程度の抗体ができるまでに1~2週間程度かかるため、1回目の接種後から2週間程度は、ワクチンを受けていない方と同じくらいの頻度で発症してしまうことが論文等でも報告されています。また、臨床試験においてワクチンを2回接種した場合の有効率は約95%と報告されており、100%の発症予防効果が得られるわけではありません。

武田/モデルナ社の新型コロナワクチンは、通常、4週間の間隔で2回接種します。臨床試験において、本ワクチンの接種で十分な免疫が確認されたのは、2回目を接種してから14日以降となっています。また、ワクチンを2回接種した場合の有効率は約94%と報告されており、ファイザー社の新型コロナワクチン同様、100%の発症予防効果が得られるわけではありません。