家族4人で、馬車道駅から赤レンガパークまで散歩した後、海上保安庁の海上保安資料館(横浜館)を見学してきました!

横浜に、このような海上保安庁の資料館があることは、知りませんでした。

また、神奈川県や横浜市の観光のおすすめエリアになっていることも知りませんでした!

この資料館では、日本の領海や排他的経済水域を監視している海上保安庁の活動状況が分かります。

また資料館では、平成13年12月22日に、九州南西海域に侵入し、沈没した北朝鮮の工作船(本物)を展示しています。

当日は、天気も良く大勢の入館者が、海上保安庁の職員の説明を真剣に聞いていました。

海上保安資料館(横浜館)の場所は、この記事の冒頭部分に記載しています。

なお、施設は入館無料です。北朝鮮の工作船(本物)が展示してありますので、是非見学してください。

北朝鮮の工作船には、おびただしい数の銃器が積載されており、工作船の速度も大変な速度を出せるようになっていました。

各種メディアの報道などより、リアルに日本の周囲が緊迫している状況が理解できました!

資料館の内容や展示物については海上保安庁の方が丁寧に説明してくれるので、家族連れでもOKです!

海上保安資料館(横浜館)北朝鮮の工作船を展示中!実物はかなり大きい!

出典 海上保安資料館(横浜館)パンフレットより引用

下記画像のように、北朝鮮の工作船からは、大量の武器や弾薬が押収されています。

館内には、大きいサイズの映像装置があり、事件発生当時の状況を生々しく伝えています。

海上保安資料館(横浜館)北朝鮮の工作船を展示中!北朝鮮の実情が垣間見えます!

北朝鮮の工作船からは金総書記に忠誠を誓うためのものが、大量に押収され資料館に展示されています。

九州付近の海域では、覚せい剤の取り引きを行っていた疑いがあると言われています。

資料館の資料を閲覧すると、幼い頃から金総書記や国家に忠誠を誓うための洗脳教育を受けていることが分かります。

海上保安資料館(横浜館)北朝鮮の工作船を展示中!北朝鮮の工作船事件の概要!

出典 海上保安庁の資料館 配布物から引用

平成13年12月22日、海上保安庁は九州南西海域における不審船情報を防衛庁から入手し、直ちに巡視船・航空機を急行させ同船を捕捉すべく追尾を開始しました。

同船は巡視船・航空機による度重なる停船命令を無視し、ジグザグ航行をするなどして逃走続けたため、射撃警告の後、20ミリ機関砲による上空・海面への威嚇射撃及び威嚇のための船体射撃を行いました。

しかしながら同船は引き続き逃走し、巡視船に対し自動小銃、ロケットランチャーによる攻撃を行ったため、巡視船による正当防衛射撃を実施し、その後同船は自爆用爆発物によるものと思われる爆発を起こして沈没しました。

その際、巡視船「あまみ」乗船の海上保安官3名約7~10日間の入院・加療を要する傷害を負いました。

海上保安庁では、事件発生後まもなく、第十管区海上保安本部(所在地:鹿児島県鹿児島市)及び鹿児島海上保安部に捜査本部を設置し、事件の全容解明に向けた捜査を開始しました。

海上保安資料館(横浜館)北朝鮮の工作船を展示中!工作船の行動経路!

海上保安庁の艦船による追跡航路等は、下記のとおりです!

海上保安資料館(横浜館)北朝鮮の工作船を展示中!我が国の領海・排他的経済水域など!

我が国の領海および排他的経済水域などについては、下記のとおりです!

領海は約43万㎢、排他的経済水域は約405万㎢です。そして、日米SAR協定に基づく我が国の捜索区域は東経165度以西、北緯17度以北と極めて広大です。

この図を見ると、海洋国であり、かつ、管理すべきエリアが広大であることを感じます。

今後の我が国の領海および排他的経済水域などでの、北朝鮮の工作船などの監視業務は、危険かつ大変ですが予算増加や権限強化などが喫緊の課題です。

海上保安資料館(横浜館)北朝鮮の工作船を展示中!東京地方検察庁の認定!

出典 海上保安庁の資料館 配布物から引用

乗組員の遺体の司法解剖により、7名分の人種は朝鮮人、又は韓国人である可能性が極めて高いとの鑑定結果が出ています。

また、北朝鮮の国民が着けていると言われる「金日成バッジ」、北朝鮮内の工場名がハングル文字で表記された物品、日本から北朝鮮に輸出された物品、「党」に対する忠誠心を意味するハングル文字の記載された船体の一部と思われる木片、北朝鮮を示す丸に星マーク及びハングル文字表記のある武器、製造国が北朝鮮を示す番号の刻まれた実包、薬きょうなどを押収しました。

これらの事実に加えて、平成14年9月17日に行われた日朝首脳会談の場において、金正日国防委員長が軍部の一部が行ったと思われる旨の発言を行ったこと等から総合的に判断して、この犯罪供用船舶「長漁3705」については、「北朝鮮国籍の工作船」であり、「北朝鮮国籍」であると特定しました。同船乗組員についても

徹底的な事件捜査の結果、①この工作船は、九州周辺海域で覚せい剤の取引きに使用されていた疑いが濃厚であること、②工作員の不法出入国等、他の重大犯罪にも利用されていた可能性があること③国内に協力者が存在している可能性があること、が明らかになりました。

なお、平成18年10月27日、東京地方検察庁により、当該工作船が「覚せい剤を密輸していた。」と認定されました。

*国内とは我が国=日本国内に、③協力者が存在している可能性があることという意味です!