「ケロシンバーナー」タグの記事一覧

ケロシンストーブ!ハインツ・ゲニオールストーブのメンテナンスパーツ(予熱用アルコール皿等)のご紹介です!

1-22

・ケロシン(灯油)ストーブの中でも、重量級の部類に入るハインツ・ゲニオールストーブの予熱皿の紹介!

・当サイトでも過去に記事として紹介した重量級の部類に入るハインツ・ゲニオールストーブですが、ロビン自身の備忘メモとして、今回の記事をアップロードします!

・今日の記事は、大きく分けて2つです!

・1つはハインツ・ゲニオールストーブの予熱皿の紹介記事!もう1つはハインツ・ゲニオールストーブのニップル(ジェット)とニードル等のメンテナンスパーツ類の記事です!

・ハインツ・ゲニオールストーブの予熱の際にアルコール皿が新規に出品されていたのでご紹介します!

・この予熱皿はロビン自身は購入していませんが、サードパーティー制のユニークな作品です!

・この出品物は燃料タンクの上部窪みに燃料用アルコールを使用し予熱していたケースに比べ、以下の特性があります!

(1)この予熱皿を使用しないで、アルコール等を予熱材として燃焼させバーナーを本燃焼にシフトすることは従来どおりですが、この予熱皿を使用することにより、バーナーと予熱皿の距離を短くできること。

ケロシンストーブ!No12ストーブ(サイレントタイプ)のガスケットメンテナンスを行いました!

7^0

・ケロシンストーブ!灯油を燃料または主燃料とするストーブをケロシンストーブ(灯油ストーブ)のカテゴリーに区分します!

・アウトドア用のストーブ(バーナー)を区分する場合に、灯油を燃料または主燃料として使用するストーブ(バーナー)をケロシンストーブ(バーナー)と呼ぶ場合があります!

・灯油は比較的安価であること!強力な火力を発揮できること!

・そして、多くの家庭で灯油(越年灯油を含む)を所有していること、ホワイトガソリンに比較してガソリンスタンドでも入手しやすいことなどのメリットがあります!

・現行法では灯油の保管はポリタンクでの保管もOKです!

・ただし、消防法(国の法律)や火災予防条例(地方自治体の法律)で定められている危険物の保管量(上限)の適用があります。

・主に米語(アメリカ語)を使用する圏内でkerosene(ケロシン)という用語が使用されています!

・ストーブ・ランタンにまつわる表記(表示)では、イギリス語と英語で異なる表記が少なからずあります。

・今回はケロシンストーブという表現で記事を記述します!

・上記のケロシンストーブのカテゴリーの中にイギリス軍・陸軍軍用No12ストーブがあります。

・ebayで購入したNo12ストーブ用のサイレントバーナーのガスケットが少々歪んでいました!

ゲニオールストーブ(ハインツストーブ)・ドイツ軍用ストーブに風防を装着しました!アルミ板0.8㎜を使用しました!④

1

ゲニオールストーブ(ハインツストーブ)-(灯油・ケロシンストーブ)にアルミ板(0.8㎜)を使用し、風防を装着しました!

・ロビンが大好きな重厚無比・質実剛健・頑丈無双なドイツ軍軍用灯油ストーブのゲニオールストーブ(ハインツストーブ)は、火力無双です。

・しかしながら、側面からの風防対策がとられておらず、その火力が風によって、大幅に奪い取られることがありました。

・従前記述したEPI-A6502も使用できるのですが、ゲニオールストーブ(ハインツストーブ)-専用の風防を装着してみたいと思い、アルミ(0.8㎜)を使用し風防を作成しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ