「灯油ランタン」タグの記事一覧

ハリケーンランタン(灯油ランタン)おすすめ!灯油ランタンでノスタルジックな夜を演出!

89-1

・ハリケーンランタンとは暴風雨下でも、灯火が消えることなく点灯し続けるように製造されたランタン(ランプ)です!

・最近は、ハリケーンランタンの灯源をLED仕様にしてあるタイプもあります!

・今回、ロビンが記述するのは、芯式(ウィック)を使用したハリケーンランタンと、LEDタイプのハリケーンランタンです。

・一般に言われるハリケーンランタンは、ペトロマックスランタンやVAPALUXランタンのように加圧式ではないため、ランタン等の火器を初めて扱うヒトにも、問題なく簡単に扱うことができます。

・またポンプを使用した加圧式ランタンに比べ以下の点で、扱いやすい点があります!

(1)加圧式ランタンに必要なプレヒート(予熱作業)がない。

(2)加圧式ランタンに比べパーツ類(部品点数)が圧倒的に少ない!

(3)加圧式ランタンに比べメンテナンス作業が簡単です!

(4)価格も安価です。

金色が眩しく輝く!アンカーランタン(ランプ)を個人輸入!夕暮れのアウトドアにおすすめ!

1-1

・アウトドア用ランタンにも使用できる!金色が眩しく輝く真鍮製アンカーランタン!

・灯油を使用したアンカーランタン(ランプ)の全盛期は、現代の様に、GPS・ロラン・船舶間などで船の位置や針路の情報を交換し合う「自動船舶識別装置」(AIS)等がなかった時代です。

・まだ、電球やLEDが発達していなかった頃、船に積載され遠くまで自船の存在を知らしめつつ、若干の明るさで足元や、手元を照らし作業や食事をするために使用されたランタン(ランプ)があります。

・自船の位置を陸上や他船に知ってもらうことは安全な航行、他船との衝突防止の観点から大変重要なことでした。

・現代の様に、GPS・ロラン・船舶間などで船の位置や針路の情報を交換し合う「自動船舶識別装置」(AIS)等がなかった時代です。

*GPSとは、全地球無線測位システムのことです。24 個の衛星から発射した時刻信号の電波の到達時間などから、地球上の電波受信者の位置を 3 次元測位しています。

*ロランは、地上系電波航法システムの一種です。船舶や航空機で利用されてきましたが、高精度な衛星系電波航法システムであるGPSへの移行が進み、多くの国では終息しています。

・夜のとばりが下りた後は、アンカーランタンの僅かな『灯火』が美しいです!

・夜の海に出てみると分かるのですが、小さな灯火でも(街中の灯火に比較して)かなりハッキリと、船位(船の位置)を把握することができます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ