ブラザープリンター黒が出ない!純正インク1,500円でなおす。ジェットのノズルのつまり。またインクの流動性が失われた際は、純正インクでなおる場合があります。

下記に、記事化した内容をアップロードします。プリンターを買い替える前に、1度トライしてください。

ブラザープリンターの黒インクが出なくなったため、ただひたすら、ブラザープリンターMFC-J6970CDWの黒インクのヘッドクリーニングを繰り返しました。

1回あたりのヘッドクリーニングは、黒インクのみです。1回の作業時間と次の作業時間は、2時間あけました。

例えば1回目の作業を午後6時に行って、この時に黒インクのみのヘッドクリーニングを3回行います。

次に2回目の作業を午後8時に行って、この時に黒インクのみのヘッドクリーニングを3回行います。

1回目と2回目の作業時間を、2時間あけるという意味です。

このようにして、初日に1回のヘッドクリーニング、2日目に2回のヘッドクリーニング、3日目に2回のヘッドクリーニングで合計5回の作業を行いました。

都合初日に3回のヘッドクリーニング。2日目に6回のヘッドクリーニング。3日目は3回+1回=4回のヘッドクリーニングです。

トータル13回の黒インクのみのヘッドクリーニングを行いました。

3日目の2回目のヘッドクリーニングで、黒インクは鮮やかに出ました。

ブラザープリンターMFC-J6970CDWの黒インクは復活しました。以降、下記に詳細を記載します。

ブラザープリンター黒が出ない!ブラザープリンターMFC-J6970CDW

このブラザープリンターMFC-J6970CDWは、2014年10月5日に購入しました。

購入依頼、概ね6年4か月が経過しています。

本体価格は41,800円+5年保証が5,000円=46,800円でした。

保証期間は5年ですので、既に保証期間をオーバーしています。

ブラザープリンター黒が出ない!酷使した年末年始!

年末、年始は妻や長男が、プリンターを酷使していました。

このプリンターは既に購入後6年目に入っていますが、頑丈無双な点では、信頼無比なブラザープリンターです!

インクジェットのプリンターヘッドが詰まる原因は様々です。

例えば、長期間プリンターを使用しなかった場合は、インクのエタノール等の成分が飛んでしまって、流動性が失われてしまった可能性があります。

また、プリンターを酷使した場合は顔料の成分等が、ノズル=ジェットの穴に詰まってしまった可能性もあります。

ジェット=ノズルの詰まりが様々であれば、それに対応する処置も様々です。

ブラザープリンター黒が出ない場合、最も優しい対処法の1つ!黒のヘッドクリーニングを繰り返す

ノズル=ジェットは基本的には消耗品です。また、ジェットは詰まります。

上記に記載したように、ノズル=ジェットが詰まった原因が様々であれば、それに伴う対応策も、また様々です。

今回、記載したのは、最も自然に、かつ、プリンターに過度の負担をかけることなく、黒インクがでる復活までのプロセスを記載しました。

復活には純正インクを使用し、かつ、1回の作業時にヘッドクリーニングを行う回数を、3回までにとどめました。

黒インク1本(1個)約1,500円として、黒インク1本で復活する場合が多々あります!

要するに、約1,500円で復活する場合があるという意味です。

修理や買い替える前に!また、他の方法を行う前に、丁寧に、純正インクを使用してヘッドクリーニングを、繰り返し行ってみてください。

ブラザープリンター黒が出ない!AC電源は抜く。そして間隔をあける。

ブラザープリンター黒が出なくなった時の対応は様々です。

内部で、黒インクが流動性を失って詰まっているとするならば、再度、失った流動性を復活させてあげればOKな場合があります。

多くの場合は、過度な使用やインクの混合でインクが詰まってしまっています。

例えば、水洗トイレの詰まりと同じ状況です。

大事なことは、下記のとおりです。

1.詰まりを除去する際は、流動性を復活させるため必ず純正インクを使用する。

2.詰まったインクの内部に、純正インクを浸透させるために、間隔をあける。

冒頭の記述は、必ずしも2時間を行なうという意味ではないです。要するにブラザープリンターを短時間にヘッドクリーニングを行うことから回避するという意味です。

3.プリンター内部の自動制御を一旦ストップさせたいので、AC電源を抜いてプリンターの電源を落とす。

ブラザープリンター黒が出ない!1回のヘッドクリーニングは3回までに!

もう1つ重要なポイントがあります。

まだ、働いてもらいたいブラザープリンターMFC-J6970CDWですので、1回のヘッドクリーニングは3回までにしました。

要するに、ノズルや内部構造に負担がかかるヘッドクリーニングは3回までとし、しばらく、ブラザープリンターを休ませて、再度ヘッドクリーニングにトライするという意味です。

ブラザープリンターの黒インクが出ない状況を、一発で直したい気持はありますが、焦りは禁物です。相手は機械ですので、無理に負担を掛けると元も子もない状態になります。

ブラザープリンター黒が出ない!ヘッドクリーニングはプリンターに負担をかける!

ブラザーのプリンターに限らず、インクジェット式のプリンターはインクを細かい霧状にすることによって、印刷しています。

この霧状にする際にプリンターは一生懸命働きます。この時、凄い負担がプリンターにかかります。この負担を少しでも和らげるために1作業時のヘッドクリーニング回数を減少させました。

深夜や誰もいない時間帯にカタカタと、自動制御して、ヘッドクリーニングをプリンターが自分自身で、行っています。

なるべく、ヘッドクリーニングの回数は、分散させて、ヘッドクリーニングを行った方が良いと思います。

まだまだ使えるプリンターです。寿命を縮めたり、壊したら嫌なので、ロビンは、ヘッドクリーニング回数を制限しました。『転ばぬ先の杖』です!

ヘッドクリーニングは、2種類あります。

1つ目は通常のヘッドクリーニング。2つ目は強力ヘッドクリーニングです。

パソコンの画面から操作しますが、全て強力ヘッドクリーニングを行いました。

下記画像の、オレンジ色の矢印の強力ヘッドクリーニングを使用しました。

紙詰まりの対応!ブラザープリンターMFC-J6970CDW

プリンターの2大障害は、紙詰まりとプリンターヘッドのインク詰まりです。

ブラザープリンターMFC-J6970CDWの紙が詰まった際の、対策として過去に記事を記載しました。

ご覧ください!