ガソリンストーブOPTIMUS(オプティマス )111は誰でも簡単に使える傑作機です!これほどの名機はもう2度と制作されないと思います。

名機の条件とは、誰でも簡単に操作できること。オーナーの命じるままに料理を作るパワーがあること。壊れないこと。メンテナンスが容易であることなどです。

今、手元に保管している小型箱型ストーブ(バーナー)はOPTIMUS111(オプティマス 111)、はOPTIMUS‐HIKER、エンダースです!

ドイツ製のエンダースストーブ(バーナー)を除いて、OPTIMUS111やOPTIMUS HIKERは、ガソリンやケロシンが使用できます!

この、小型箱型ストーブ(バーナー)は、箱型ストーブの中では、最も小さいストーブに区分されるものです。

小型箱型ガソリンストーブ・ケロシンストーブは、ポータビリティに優れているばかりでなく、パンチの効いた火力でアウトドアクッキングを堪能させてくれます!

OPTIMUS111はローラーバーナー・サイレントバーナー各1台で合計2台。OPTIMUS-HIKERは2台。エンダースは1台です。

ローラーバーナーとサイレントバーナーの違いや特徴については、下記の記事がおすすめです!

Sirent burner(サイレントバーナー)とは静音性を有する等、Roarer burner(ローラーバーナー)は、咆哮(ほうこう)を発する等の意味です!

コテージやフィールドに行く際は、大人数になることが多いので、ストーブ(バーナー)は火力の大きいものになります。

また、大きなお鍋や、クッキングツールをのせられるストーブ(バーナー)になります。

したがって、現在は小型箱型ストーブ(バーナー)を、コテージなどに携行する機会は多くはありませんが、大事に使用していきたいと思います。

小型箱型ストーブ(バーナー)の魅力は、軽いこと、堅牢なケースにバーナーが格納されているので、携行性に優れていることです。

なお、フィールドの温度、風や作るメニューその量にもよりますが、小型箱型ストーブ(バーナー)は2名くらいまでの人数で使用すると、その価値を十分に味わうことができます!

今回は、OPTIMUS111ストーブ(バーナー)について記載します!

ガソリンストーブOPTIMUS111で、簡単アウトドアクッキング!名機中の名機OPTIMUS111!

派生型を入れれば、世界中で生産されたストーブ(バーナー)製造台数のカウントは把握不能!

世界中に小型箱型ストーブ(バーナー)ここにあり!と訴求したのはOPTIMUS111と言っても過言ではありません。

特にOPTIMUS111の中でも、Roarer burner(ローラーバーナー)は、堅牢かつ質実剛健なバーナーであったことが知られています。

OPTIMUS111のサイレントバーナーは、チューブ状のモノをバーナー下部に取り付けることによって、アルコールを燃料とすることもできました。

ただし、アルコールを燃料とした場合は、アルコールの火力(力量)がガソリンや灯油(ケロシン)より劣るので、そのチューブを使用するユーザーは、多くなかったようです。


ガソリンストーブOPTIMUS111で、簡単アウトドアクッキング!メンテナンス記事

OPTIMUS111(オプティマス 111)をフィールドに持ち込んだ際の記事は、少ないのですが、メンテナンス記事も含めて、下記のおすすめ記事を紹介します!

まず、OPTIMUS111のサイレントバーナー!

次は、OPTIMUS111B!ローラーバーナーです!

ニードルの調整方法については、下記記事がおすすめです!

ガソリンストーブOPTIMUS111で、簡単アウトドアクッキング!パーツ記事

更に、OPTIMUS111は他のストーブ(バーナー)と共通のパーツ類を多く使用していますので、それらについてもアップロードします!

ガソリンストーブOPTIMUS111で、簡単アウトドアクッキング!サイレントバーナーの内燃化現象(剥離燃焼)!

「ズズズッ」または「ブブブッ」という、剥離燃焼音が発生したら、1度バーナーの燃焼をストップさせて、消火した方が良いです!

そのまま、継続燃焼させると大切なサイレントバーナーを傷めることが多いです!

ガソリンストーブOPTIMUS111、ドイツの箱型ストーブの名機エンダースストーブも堅牢無双です!

ドイツが作った万能無双の箱型小型ストーブの記事です!

ガソリンストーブ-エンダースストーブ!頑丈無双の箱型小型ストーブ

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】