オススメ!城里町キャンプ場(コテージ)はリーズナブルな価格!静かなフィールドは最高です!


全景

北関東の公営キャンプ場、茨城県城里町キャンプ場のコテージは『たおやかな時間の流れ』を堪能できます!

・ロビン一家5人は、北関東の公営キャンプ場、茨城県城里町キャンプ場のコテージをレンタルして余暇のたおやかな時の流れを味わってきました!

・コテージの呼称については明確なルールはありませんが、一般的にはエアコン、バス、トイレ、家電製品等が具備されているキャビン等のことをコテージと呼んでいます。

・茨城県城里町キャンプ場では、コテージをキャビンと呼んでいます。

・ここのコテージの特徴は各コテージに全天候対応型バーベキューテラスが設置されていることです!(一部未対応のコテージがあります!)

・下の画像は、テラスでバーベキューを行う前の画像です。

3

・2日目は若干雨模様でしたのでテラスでバーベキューを行いました!下の画像はテラスでバーベキューを行っている画像です!

・ロビン一家の若大将がバーベキュー担当です!

teras17

・アウトドアでバーベキューやバーナー等を使用して作る、アウトドアクッキングは大変醍醐味があり、また、作った料理は大変美味しいモノになります。

・ところが、アウトドアクッキングは屋外で行うので、雨等の自然条件に左右されがちになるという側面も持っています。

・また、ロビンはアウトドア活動を行うのは、高齢の母を屋外に連れ出すということも目的の1つに置いています。

・したがって、屋外と屋内の寒暖の差や、母の健康状態を考えると良質なコテージの選択と言うのは、アウトドア活動を行う上で重要なポイントになります。

・アウトドア活動の目的はヒトそれぞれですが、ロビンは『家族の繋がりを確認する場』であるとも考えています。

・良質なコテージは、家族団らんの場を提供してくれる場であるのかなとも思います。

・下の画像は、ロビン一家が2泊3日レンタルした6人用コテージの全景です。

全景

・このコテージの背景にカラフルなコテージも写っています!

途中寄り道をしたので、フィールド着は午後3時40分くらいでした!

・下の画像のように、自動車が乗り入れることができるのは管理棟の前までです。1

・ここからは下の画像のように台車を使用して、宿泊するコテージに荷物を搬入します!

20180913153927_p

・ロビンが行った2018年9月13日(木)から15日(土)は、ほとんど誰もいない状況でした!

・下の画像に写っているバンガローのエリアを抜けると、コテージのエリアに入ります!

2

・多分、合宿などで使用するのだと思いますが、下の画像のようにLPガスを使用した大規模なバーベキュー施設があります。

3

・コテージの裏手には、缶やビン等を区分して廃棄するゴミ置き場が設置されています!

ゴミ

・半透明の袋で行政の名前が入っていない袋ならばOKとのことです。

・したがってロビン一家は横浜市のゴミ袋(特に指定はありません!ホームセンターで売っているビニール袋です。)を持参し、ゴミ袋として使用しました。

コテージは、1階がトイレ(通常のシャワートイレ)、バス、キッチンカウンター、冷蔵庫、ガステーブル、テーブル席(6人用)があります!

・ロビン一家が2泊3日レンタルしたコテージの入口付近の画像です!

2

・下の画像は、2階のロフト部分(寝る部屋)の1部です!もちろん、1階・2階にエアコンが2台セットされていて、各エリア毎に快適な温度調整が行えます。

5

・ロフトにはこの他に、更に寝るためのお部屋があります!

・旅程は2018年9月13日(木)午後3時頃チェックイン、その後2泊して9月15日(土)の午前10時にチェックアウトしました!

・規定では正午にチェックイン、翌日の午前10時にチェックアウトです。

・寝る場所は2階(ロフトと言った方が正解かもしれません。)にお布団が6セット用意されています。

・シーツと鍵は受付の際に、管理人さんから受領します。

・タイトルにも記述しましたが、施設の管理は万全で、かつ、コテージの使用料金は6人用で21,600円×2日=43,200円で大変リーズナブルな価格設定となっていました!

・下の画像は、キッチンの画像です。

10

・下の画像は洗面化粧台の画像です。

9

・下の画像はトイレの画像です。(シャワートイレです!)

1

食料、バーベキュー用具等は現地調達することにしました!

・少々の雨天でも、BBQやアウトドア活動ができるコテージは、大変便利、かつ、リーズナブルな価格設定です!

・また、今回は装備や備品は現地調達が可能ならば、極力携行しないことを思考しました!

・そういう意味では冷暖房完備、トイレ、バス施設、食器等の什器やキッチン用品が完備しているコテージはロビン一家にとっては最適です!

・ここはキャンプ場利用の4日前までにキャンセル事項が発生し、施設の使用を取り止めた場合はキャンセル料金が発生しません。

・例えば、ロビン一家のコテージ利用は9月13日(木)ですので、9月9日(日)の午後5時までに電話にてキャンセル事項を連絡すれば、キャンセル料金は一切発生しません!

・下の画像は、2泊3日のコテージ、バーベキューコンロなどのレンタル料金です。

78

エアコン、お風呂、トイレ等ロビン一家の望むコテージのインフラは全て完備されていました!

・城里町キャンプ場(コテージ)には、8人用、6人用、4人用キャビン(コテージ)があります!

・エアコンが付いているのは8人用、6人用のキャビン(コテージ)になります。

・設備は、以下のとおりです!

・エアコン

・お風呂

・トイレ(洋式)

・台所

・備品

・寝具定員分

・シーツ

・冷蔵庫

・炊飯器

・電気ポット

・ガス台

・AC(交流電源)コンセントは、1階2階のあらゆる部分に設置されています!

・注意事項

・食器や鍋・フライパン等の調理道具は別レンタルか持ち込みなので、留意してください。

・また、ペットはNGです!

・お風呂は近隣の『ホロルの湯』を利用しましたが、コテージに備え付けがあると万全の体制です!

コテージの間取りや概要

・1階はリビングルームになっています。6人掛けの椅子が備え付けてあります。

・またキッチンのサイドはカウンターになっていて約8畳で、6人程度ならば余裕です!

・2階はロフト(屋根裏部屋)は、寝室になっており吹き抜けで、コテージを広く使うための工夫がされていました!

・下の画像は、2階のロフトに通じる階段です!

898

豪快な炎のもとで行うバーベキューは、アウトドアクッキング限定の楽しみです!

・米海軍の友人宅に行くと、友人は『ハイ!ロビン今日はアメリカンバーベキューだぜ!』(毎回!)と言って、様々なバーベキューを作ってくれました。

・日本でもスッカリ、バーベキューはアウトドアクッキングの一部になってきました!

・今日もロビンスペシャルバーベキューを楽しみます、バーベキュー担当はロビンの長男です!
 

城里町キャンプ場の近隣の食料品店・ホームセンター・ドラッグストア・100円均一ショップなど

・下の画像は、城里町キャンプ場の近隣にあるエコスショッピングセンターの地図です。

*斜線で記載してある部分がエコス城里店です!

2

・城里町キャンプ場からエコス城里店までは、車で概ね15分です!

・下の画像は近くにあるエコス城里店の画像です。

7

・このエコスショッピングセンターには、大規模な食料品店やドラッグストアや100均ショップがあります!

・ロビンもこのショッピングセンターで、城里町キャンプ場における生活物資を調達しました!

・また、道路を挟んでコメリホームセンターがあります。

今回ロビン一家はBBQ用のコンロをレンタルしました!

・今回、ロビン一家はBBQ用のコンロをレンタルしました!1日1,620円ですので2日レンタルしても3,240円です。

・炭用のコンロはユニフレーム製品です。1,620円×2日分=3,240円(要予約)以下のモノが含まれています!


(1)網

(2)鉄板

(3)トング

(4)フライ返し

(5)野菜用ボウル

(6)火ばさみ

*(1)の網の大きさは約45㎝×60㎝です。網も鉄板もUSEDでしたので、出発前に新品を購入して持参しました。

・炭は3キロで600円でしたが、自宅から約10キロの炭を持参しました。足りない場合は現地で購入します。

・初日は屋外でバーベキューです!早速、ロビン一家の若大将が着火を開始します。

89

・下の画像は、屋根付きのテラスです。2日目は雨模様でしたので、このテラスでバーベキューを行いました。

18

食器類、洗剤等が沢山あったので、バーナー等は少な目にしました!

・持参したモノは食器類等の他に、ストーブ(バーナー)類は以下のモノだけです!

・ストーブ(バーナー)類は、コテージの屋根の下で使用できます。(雨天でもOKです!)
               
1.コールマン424  1台 *テラスでバーベキューを行いながら、紅茶とコーンスープ等を作りました!

2.フィールドチャッカー 1台

3.ロート 1個

4.ホワイトガソリン 2リットル

5.カセットボンベ  3本

6.ライター 3個

7.屋外用イス  5脚

8.屋外用テーブル 2個

9.着火剤 2個

今回、城里町キャンプ場以外に行く場所は『アサヒビール茨城工場見学』と『ホロルの湯でスイミング』『ホロルの湯堪能』です!

・初日は、アサヒビールの茨城工場を見学し、その後『スーパードライ等』を試飲しました!

下の画像はアサヒビール茨城工場の社屋です!

asahi1

・生産ラインから瓶詰されたモノがドンドン出来上がります!

asahi2

・ホロルの湯は初日・2日目も利用しました。

・2日目は久しぶりに『ホロルの湯』にて、家族5人でスイミングです。

ホロルの湯

・高齢の母にも、水に浸かってもらいました!

・母にも適度な温度で全身運動をさせることができたので、大変良かったです!

・その後、5人で屋外のジャグジーバスに行きましたが、そこから見る景観は大変美しいモノでした。

・また、ジャグジーバスは温かく水流も適度でしたので、最高のアウトドア三昧を堪能できました!

ui

・下の画像は、5人分の料金です!

・この料金はプール代金+温泉の代金です!

790

・久し振りに、ロビンも泳ぎました!ロビンは身体に負担をかけない背泳(バックストローク)専門です。

・25メートルを20本=500メートル行って、少々バテ気味になったのでタイムアップしました。

・組み合わせ次第では、もっともっと楽しみが増す北関東城里町キャンプ場のコテージ泊です!

・周辺には、沢山の名所・旧跡あるいは見所があります!

・下の画像は、藤井川ダムの画像です!

藤井川ダム1

・用具や備品については城里町キャンプ場の管理棟でレンタルし、食料等の物資については現地調達すればOKです!

・最終日の朝、午前9時30分ごろ管理人さんに2泊3日の楽しい日々を過ごせたことについて、お礼を申し上げキャンプ場を後にしました!

・以上、『楽しさ満載』の城里町キャンプ場のレビュー記事でした!

・過去記事弓ヶ浜のコテージで最高のオーシャンビュー!そして豪快にバーベキューを楽しめました!はこちらです!

・過去記事川根温泉ふれあいコテージに2連泊してきました!外ではバーベキュー・室内では囲炉裏を堪能しました!はこちらです!

過去記事西伊豆・やまびこ荘で新年バーベキュー!オムニフューエル・コールマン424でアウトドアクッキング!は、こちらです!


コメント等は下の欄にご記入ください。承認したコメント等は当サイト内で紹介させていただきます!

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ